2019年03月14日

確定申告をされる生徒さんや、消費税10%増税前にパソコンを入れ替える企業の皆様の対応に追われて久々のブログ更新となりますが、日々の無理難題、未曾有のトラブルなどから気づいたことをブログでお知らせしていきます!

今回はUSBメモリーの話です。

「同じ容量なのにUSBメモリーの値段が大きく違うのはなぜ?」
「やっぱり値段が高いUSBメモリーほうが性能が良い?」
「USBメモリーの寿命はどれぐらい?」
「お値打ちで性能が良いメーカーは?」

などなど、レッスン時には生徒さんから様々なご質問をいただいております。
USB4.0が年内に出ることが決まって、USB3.0や3.1のUSBメモリーが格安で売られるようになりましたが、この値段の差は一体何なんでしょう〜?
USBメモリーのパッケージには「90MB/S」など速度表記がありますが、これは連続した塊のデーターを読込む時の速さです。
一見すると、ひと昔前のハードディスク並みの速さで超高速に見えます。
しかし、ほとんどの人がメールやワードやエクセルなど容量が小さくバラバラのデーターを読み書きすることが多くあり、断片化されたデーターの書き込みではこの「90MB/S」の数千分から数万分の1の速度に低下する商品も少なくありません。
当校へは大型家電量販店の店員さんたちも通っておられますが、売っている商品をすべて自分たちが使っているわけではありませんので、詳しくは知らないことも多々あることでしょう〜

教室ではWindows7やWidnwos10の代わりに使える、無料OS(総称してLinux:UbuntuやLubuntuなど様々なものが無料で配られています)のインストール先として、ハードディスクやSSDよりもはるかに安く脱着の簡単なUSBメモリーをお使いいただいていますが、容量が同じであっても性能の差激しく中には遅すぎて使い物にならなかったり、容量が偽装されて書いてある容量より保存容量が少ないものも散見されます。
そこで、受講生の皆様に自宅にあるUSBメモリーをお持ちいただき、性能と容量に問題ないかチェックしてみていろいろなことが分かってきました。
集まった30個ほどのUSBメモリー(スティック型、SDHC、MicroSDHCなど)のうち、LinuxでWindowsの代わりに使えそうな性能を有する物は1割程度しかありませんでした。

知多半島から通うAさんが、この実験の為にわざわざ買ってきて来てくださってElecom製の32GBは、他の早いメモリーの3000分の1の速度しか出ませんでした。
壊れているわけではないので交換・返品はできませんが、Ubuntuでの利用は断念しました。
また、清州市から通うMさんも、わざわざケー〇電機でIODATA製の32GBを買ってきてくださったのですが、こちらは何と容量偽装で8GBしか容量がありませんでした。
故障の可能性もあるので、再度ケー〇電機にお持ちいただき新品に交換してもらったのですが、同様の症状がでて8GB以上のファイルが保存できません。
3度目の交換時にケー〇電機の店員さんにお店のパソコンで調べてもらったら「こういう仕様です・・・」との回答が・・・
お店の提案としては、差額を払って別のメーカーに変える方法しかないとのことで、SONY製に交換してもらいましたが、これも速度が遅くLinuxでは使い物になりませんでした。(残念)
通常のお客さんは32GBを買っても最初の数GBしか使わないので、ほとんどの人が容量いっぱいまで使えない事実を知らずに終わっていくのでしょう〜(知らぬが仏か・・・)
当校へは大型家電量販店の店員さんたちも通っておられますが、売っている商品をすべて自分たちが使っているわけではありませんので、偽装の存在を知らないことも多々あることでしょう〜

右がIODATAの32GBUSBメモリーで、実際の容量は8GBしかありません。
左がElecomの32GBUSBメモリーで、容量は32GBですが、速度が遅く使えません。
IMG_20190213_101014

容量偽装品で使えたのは最初の15%程度で、あとはみんなエラーで使用できません。
水谷さんUSBエラー


教室で実験用に買ったMicro SDカード一部で、どれも容量偽装はありませんでした。
左のTORAOO32GB MicroSDカードはドライブレコーダー向けの高耐久MLCメモリーを採用し799円とお値打ちですが、カードサイズか大きくカードリーダーに差し込めません。
ヤスリで削って無理やり差し込み測定したことろ0.600程度の速度が出ました〜
中央のKingston製の32GB MicroSDカードは特価392円で購入し安価なTLCメモリーを採用。
カードリーダーによって差がありましたが、実用域の書込み速度は0.800程度の速度が出ました。
右のTEAMGROUP製の32GB MicroSDカードは698円で購入。サイズに色分けがあり日本国内10年保証!実用域のスピードも1.000を軽く超えて問題なし♪
IMG_20190130_184928










同じKingstonでも、スティック型は実用域の書込みが0.004程度と使いものになりませんでした。
こちらは2つも買ってしまったので、Windows10インストール用使っています。



多くの方々がパソコンが壊れると怖いのでUSBメモリーに大切なデーターを保存されていますが、これは大変危険な行為です。
USBメモリーはデスクトップやドキュメントなどパソコン本体に保存する時に使うゴミ箱が存在しません
通常、削除したファイルは必要になったらゴミ箱を探しに行けば復元できるのですが、USBメモリーなどリムーバブルディスク内のファイルは削除したら「一巻の終わり」で、すべて消えて無くなってしまいます。
文字通りバブルの泡の如くですね・・・
消えてしまったUSBメモリーの復元依頼をされることも多いのですが、図形などが入った複雑な文章はほとんど復元できませんので注意が必要です。
また、USBメモリーはトイレの電球と同じく突然切れます。何の予兆もなく、朝には点いていたのに昼には電気が点かないこともあり、一度切れた球の様に二度と使えませんので、本当に大切なデーターはCDやDVDに焼くなり、更新の頻度が高いのであればクラウド保存されることをお勧めします。
教室では様々な実験の為、容量偽装の多いメルカリやヤフオクなど格安USBメモリーなどを手に入れては実験して壊して廃棄していますが、アマゾンや楽天の評価も偽装が多く、実際に実験してみないと分からないことだらけです。
自作パソコン授業では、メモリーの品質や耐久性、速度に影響するコントローラと呼ばれる制御装置の種類を詳しく検証していますが、その一部を追々ブログでも紹介していこうと思っています。

今回テストした中でもっともコストパフォーマンスが高かったSan Disk USBメモリ128GBで3000円前後で購入でき、耐久性のほどは実験中で分かりませんが、5年保証もついています。
生徒さんたちは、これにLinux(Ubuntu18.04LTS)を入れ自宅や教室でお使いいただいていますが、起動が早くハードディスク並みに快適に動作しています。


生徒さんの自宅PCでのSanDisk USBメモリー32GBの速度です。
実用域の書込み速度(赤枠)は1.000を超えていて高速ですが、Sonyを含めほとんどのメーカーが0.001〜0.005程度の速度しか出ません。
左の列が読み取り速度(READ)で右の列が書込み速度(Write)です。
sundisk2


教室の新型Athron 240GEで測定したところ、もっと速い速度が出ました!
Sundisk

参考までに3千円台で買える240GBのSSDを外付けした速度です。
読み込み、書込み速度は同程度で、速さは2桁違いで早く耐久性も段違いです。
自作パソコンのように自分でハードディスクやSSDを抜き差しできる人はデータ保存用に1つ付けておくと良いでしょう〜♪
SSD












oneclickpc1 at 12:04コメント(0)パソコントラブル最新パソコン 

2019年01月30日

毎週火曜日にお越しいただいている瑞穂区安楽寺吉田ご夫妻が運営する安楽寺会館の20周年イベントのチラシが出来上がりました!
デザインは住職の奥様によるもので、桜の春と音楽をイメージし授業で作成しました。
(写真はPhotoshopで加工しillustratorで配置)

安楽寺会館は宗派を超え地域の誰もが利用できる葬儀会館として、20年前に安楽寺さんが建物を購入されスタートしましたが、実はこの建物は私がサラリーマン時代の25年前に建設に携わったご縁の深いビルです。
建築図面とにらみ合い、四半世紀経った今もこうして携わることができるのは実に感慨深いものがあります。

会館へは当校で作成した自作パソコンを納めさせていただいているので、ちょくちょく設定や修理に伺うのですが、ご遺体のすぐ脇で作業させていただくこともしばしばです。
私たちは普段の生活の中で「人の死」について忘れて過ごすことが多いのではないかと思いますが、お寺の皆さんは日々絶え間なく「人の死」と向き合いながら生きておられます。
人が死ぬことを忘れ、日常の忙しさにかまけて生きることは実は幸せなことで、避けられない現実に日々直面しながら毎日を過ごされているお寺の皆様には頭が下がる思いでいっぱいです。
こうした「人の死」と常に向き合い、命の尊さ誰よりも大切に感じておられるお寺だからこそ、何か世の中にできることはないかとのご相談をいただき、4年前に全国初となる「公道に面したいつでも誰でも使える屋外型AED」を会館前に設置することになりました。
私としては乗り掛かった舟、大勢の前で話すのは好きではありませんが、少しでもAED普及につながればとAED講習会の司会をさせていただいたり、当校のMOS世界学生大会日本一の記事を書いてくださった中日新聞中野記者の協力を仰ぎ、地元新聞でのPRのお手伝いなどをさせていただきました。

安楽寺会館20周年記念イベントでは、井戸田消防団の皆さんによるAED講習に続き、司会をズームイン朝でおなじみの きくち教児 さんにバトンタッチし、Dr.浅井富成氏率いる医療関係者で結成されたメディカルプロレスの皆さんによるAEDマンショーやAEDマンのテーマソングを歌う歌手の あべ静江 さんによるミニコンサート、AEDの普及・啓発をダンスをとおして行っ ている小学1年生から中学2年生の女子10名で構成されたチーム「N★Jewel チームAED」によるチアダンスなどなどAED普及に向けたイベントが盛りだくさんとなります。
会場スペースには限りがありますが、参加はどなたさまでも自由です。
現在、新聞折込チラシの原稿を安楽寺住職の奥様と制作中ですが、出来上がりましたらこのブログで発表致します!

知っているようで良くわからないAEDですが、私自身が疑問でいっぱいでした。

「死んだ人でも死亡直後ならAEDで生き返ることができる?」
「生きてる人にAEDを使うと強い電気ショックで逆に死んでしまう?」
「ヘタに素人がAEDを使うより、救急隊の到着を待ったほうが良い?」
「倒れているのが女性の場合、下着の上からAEDを使うと良い?」
「小さい子供にAEDを使う場合は2つのパッドを胸とオナカに貼ればよい?」

是非、AED講習会にご参加いただき、素朴な疑問を解決してください!

AED過去の過去の記事です。お時間がある方は是非ご覧ください!

AEDマン



oneclickpc1 at 16:18コメント(0)安楽寺永代供養墓イラストレーター 

2019年01月24日

2019年1月に最新Office2019発売になり、さっそく授業を行いました!
Office2019内に搭載されるWord2019やExcel2019は新機能が搭載されさらに使いやすくなりました♪

Office2019はWindows10でしか利用できないので、Windows7やWindows8.1の方は同等のOffice365Soloの購入をお勧めします!

写真はExcel2019に新たに追加された「3Dモデル」機能でExcel内で立体的な3Dアニメをグリグリ動かせます♪
自分で作成した3Dデーターも読み込んで動かせます!

EXcel2019












oneclickpc1 at 19:04コメント(0)エクセル最新パソコン 

2019年01月14日

2019年1月13日、名古屋市瑞穂区安楽寺境内にある為麿塚(ためまろつか)法要2019の撮影に行ってきました。
毎月13日は安楽寺さんの法要の日なのですが、1月13日は新年会を兼ね門徒さんとともに地域の皆さんも参加されるお正月行事となっています。
為麿塚は赤穂浪士が吉良邸討ち入りした元禄時代(1688年〜)に熱田神宮の祀官として熱田神宮復興に力を尽くした長岡為麿を祀る塚と祠(ほこら)で名古屋市のホームページ「ふるさと歴史のみち」でも散策コースの1つとして紹介されています。

この日のイベントに合わせてお寺も当校も準備で大忙しです!
年末から住職さんがワードで安楽寺新聞(A4サイズ4ページ)の原稿作りを始めます。
1月1日の元旦に撮影に行った写真と住職さんからお預かりした原稿を校正し、2日で850部作成し納品!
これが終わるとやっと新年が始まったという感じでホッとします♪

ONE_4984

01

ONE_5058

ONE_5049

07

ONE_5158

ONE_5181

ONE_5182

ONE_5233

08

ONE_5241




oneclickpc1 at 20:53コメント(0)デジタルカメラ安楽寺永代供養墓 

2019年01月04日

皆様、あけましておめでとうございます。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は4月の新元号、10月に消費税10%増税発表とWindows7の期限1年の問題があってか、新規入会者と修理、入れ替え依頼が方々から飛び込んできて大忙し!
生徒の皆様をお待たせすることも多く、年末のブログ更新がまったくできない状況で年を越すことになってしまいましい反省・・・
2019年は新規入会受付をストップし、受講生の皆様としっかり向き合い猪突猛進でサポートに専念させていただこうと思っております。
今年こそ入会を決意されておられる皆様には誠に申し訳なく思うのですが、ブログの更新頻度も上げ情報発信に努めてまいりますのでご容赦ください。

毎年元旦は安楽寺さんの撮影の仕事からスタートします。
元旦の恒例となってきましたが、おくりさん手作りの美味しいおせち料理と共にいただく1杯のおぜんざいから新年が始まりました〜

修正会(しゅしょうえ)の様子です。
前年を反省して悪を正し、新年の国家安泰、五穀豊穣などを祈願します。
01

おくりさん(住職の奥様)手作りのおせち料理をいただきました♪
ONE_4885

おいしい手作りぜんざいです♪
普段は糖質制限で甘いものは食べないのですが、このおぜんざいは格別で最後までおいしくいただきました〜
ONE_4943




oneclickpc1 at 20:01コメント(0)安楽寺永代供養墓 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ