2020年08月02日

大変心苦しいことではありますが、教室のある名古屋市内では新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
左が2月、3月、4月になりますが、右の8月2日までに感染拡大し第2波が始まっているのがわかります。
名古屋市内の新型コロナウイルス感染状況


国や県の緊急事態宣言は執筆時点(2020/8/1)では出されておりませんが、人命を第一に経営判断で4月5月同様に8月以降も休校することに致しました。
新型コロナウイルスが騒がれだし半年が経過しようとしておりますが、マスク、手洗い、うがい、アルコール消毒に検温、フェイスガードにソーシャルディスタンスと換気、様々な感染予防対策を行って参りましたが。
しかし、これまで感染を防ぐことができたのは感染予防対策を万全に行ってきたからではなく、たまたま接触者の中に陽性者が居なかったからではないからだと思い始めています。
7月からの第2波では重症者が少なく、発熱や咳など無症状の若者が感染を広げ続けています。
おたふくかぜや水ぼうそう様に元気なうちに感染し、早めに免疫を獲得することで重症化を防ぐとの見方を示している国もありますが、コロナウイルスが自然界に存在しうる場合の話です。
もし、このウイルスが人工的に作られた生物兵器由来のモノであるならば、軍が扱うべきレベルの問題で、医者や保健所に成す術はありません。
タラレバで語っていても始まりませんが、1つだけはっきりしていることは「新型コロナウイルス」は最高レベルの危険なウイルスで容易には扱えず、予防対策すべての検証が不可能であるため何も分かっていないということです。
以上の理由から、これまで教室を支えてくださった皆様にできることは何もしないことしかございません。
少しでも感染を広げないためにも当面の間は休校いたします。
受講生の皆様はもちろん、キャンセル待ちや新規入会ご希望の皆様、再開までもうしばらくお待ちください。

oneclickpc1 at 22:09コメント(0)新型コロナウイルス 

2020年07月16日

瑞穂区安楽寺さんの依頼で、八事霊園にある安楽寺永代供養墓お盆法要の撮影に行ってきました 
安楽寺永代供養墓では、年3回(3月・7月・9月)に遺族の方や生前申込の方と共に無料法要を行っています。
八事霊園で行われる法要の様子はZoomで瑞穂区の安楽寺会館へ映像中継を行いました。
病気や遠方でご参加頂けない方の為に写真や動画撮影を行い、「Youtube安楽寺チャンネル」を通して法要の様子をお伝えしています。

10時に瑞穂区妙音通にある安楽寺会館にお集まり頂きました。
往復1500円の乗合タクシーで八事霊園に向かい、10時20分八事霊園安楽寺永代供養墓前に到着しました。

02


03


04


05


06


07




oneclickpc1 at 18:32コメント(0)デジタルカメラ安楽寺永代供養墓 

2020年06月30日

コロナ禍の中、名古屋市瑞穂区安楽寺住職とリモートワークで作成した「安楽寺だより第39号」ができあがりました。
住職のお使いのパソコンはWindows7+Office2010とサポートの切れてしまった古いパソコンなのですが、長年使いこんで慣れた環境が変わってしまえば自力で新聞を作成するのも困難であるため、機能を制限するなどセキュリティー対策を施しお使いいただいています。
データーのやり取りはクラウドを使い遠隔で行っていますが、同じ環境でないと配置がズレたり書体が変わってしまいますので、まったく同じ環境の自作パソコンを用意しリモートで新聞を作成しています。

 安楽寺だより39号


oneclickpc1 at 18:44コメント(0)安楽寺永代供養墓生徒さんニュース 

2020年06月01日

本日より2か月ぶりに授業を再開いたしました。
教室のキーボード、マウスなどの消毒には次亜塩素酸水をメインに使ってまいりましたが、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)により、次亜塩素酸水は「現時点で有効性は確認されてない」との発表があったため、急きょ備蓄していた濃度77%の消毒用アルコールを引っ張り出してきました。
転売禁止なので教室で使うか、無償で配るしかできませんが、ドーバー製のパストリーゼの在庫は

1斗缶(約18リットル)×2缶 (6月に1缶追加し計3缶)
1リットル缶×2本
500mlスプレーボトル×1本

授業毎に消毒を行っておりますが、1名につき200ml程度消費しますので、3缶で年内分と言うことになりそうです。


IMG_20200601_192108 (1)



oneclickpc1 at 19:36コメント(0)パソコン授業風景新型コロナウイルス 

2020年05月29日

教室で24時間稼働し続けている、たんぱく質の解析 Folding@home(米スタンフォード大学を中心とする分散コンピューティングプロジェクト)用の水冷パソコンの冷却水を定期交換しました。

一時的に終息した新型コロナウイルスが今後どうなるか気になるところですが、同じコウモリ由来のエボラウイルスはその後どうなったのでしょうか?
エボラウイルスの最初の発生はスーダンのヌザーラにある綿工場で1976年前の話です。
感染するとすぐに重症化し、死亡率も高いので広がる範囲は限定的なはずですが、富裕層が感染すると大都市の大型病院へ搬送されるので院内集団感染の原因ともなりました。
遠い西アフリカで起こっている対岸の火事のように思えますが、感染国のリベリアから羽田空港経由で日本に入国し、国立国際医療センターに搬送された経緯があります。
死亡者の多いアフリカのコンゴでは第10波の流行が起こっており、世界のアウトブレイクは30回以上、44年経った現在でも終息していません。
エボラウイルスに対する効果的なワクチンおよびエボラウイルス病に対する有効な治療薬はいまだ確立しておらず、治療は対症療法のみに限られています。
東京オリンピックを控え昨年末に研究用のエボラウイルス菌が持ち込まれたそうですが、たんぱく質の解析が終わらないことには、根絶できる治療薬の開発は夢のまた夢の話になりそうです。

治療薬を投与 しない 場合 の死亡率は 67%
mAb114で 34%
REGN-EB3で 29%
ZMappで49%
remdesivirで53%

今後 のエボラ治療には、効果の高かった,鉢△使用される予定ですが、採用を見送った治療薬は開発費用回収のため新型コロナウイルスの治療薬として再び使われるかもしれません。

11136155_757907540992426_1528989085620501714_o

1498143_757907550992425_239973209940169719_o




oneclickpc1 at 18:47コメント(0)自作パソコンデジタルカメラ 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ