2019年10月26日

プログラミング実習用の最新モデル Apple MacBook Pro (13インチPro, Touch Bar, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5, 8GB RAM, 128GB) が届きました♪
ONE_9665

ONE_9672

ONE_9677









oneclickpc1 at 17:08コメント(0)自作パソコンパソコン授業風景 

2019年10月14日

2019年10月13日、生徒さんで安楽寺のオクリさん(住職の奥さん)による定例法話が行われ、撮影に行ってきました〜
安楽寺さんでは毎月13日に定期法要をお寺で行っているのですが、毎年10月はオクリさんの法話です。

みなさんの楽しみにされている法話の始まりは仏様にお供えするご飯の話からでした。
ご飯と言えば日本の主食で、お供えするのは世界に誇る米の産地である日本ならではの風習に思えますが、2500年ほど前のお釈迦様が産まれたインド北部でもお米が盛んに栽培されていたそうです。
当時のインドは十六カ国からなる国々が覇を競っていたそうですが、お釈迦様の生まれたコーサラ国(釈迦族カピラ城)は米の収穫量も多く裕福であったそうで、托鉢(たくはつ)の僧侶らに貴重な精米を施すことから、父である国王のスッドーダナは浄飯王(じょうぼうのう=上等な白米)と呼ばれていたそうです。
また3人の弟たちもスッコーダナ、ドートーダナ、アミドーダナなど「飯」を意味する「ダナ」が付く名前がつくそうで、いかにお米が大切で権力の象徴であったことがうかがえます。
インドでは牛は聖なる動物であるとして食べてはいけない教えが続いていますが、牛は農業に欠かせない貴重な動物であったのでしょう。
釈迦様自身のお名前の「ゴータマ」は「優れた牛」と言う意味だそうですが、最も稲作に重要役割を果たしため、王子であるお釈迦様にこの名前を授けたのではないかと考えられます。
お寺の本堂や自宅の仏壇ではご飯をお供えする習慣がありますが、仏様がおなかを空かせているからではなく、亡き父のスットーダナを偲んで御仏飯(おぶっぱん)を供える習慣が今日まで続いているのではないでしょうか。

台風一過、お寺の上空には青空が広がります。
ONE_9554

午前10時、法要の始まりは住職の鐘突きによって知らされます。
ONE_9556

副住職(住職のご長男)によって御文(おふみ=蓮如上人が布教のため全国に送ったお手紙)が拝読されます。
03

焼香は「回し焼香」と呼ばれるもので、焼香のお盆が順に回ってきますので軽く会釈し、受け取ったら膝の上に載せて焼香をします。
脇にお賽銭ができるようになっていますので、お参りの際は小銭を用意されると良いでしょう。
手を合わせているのは、偶然1週間前にイオン新瑞橋でお目にかかったご門徒さんで、この日に再会できるのを楽しみにしておりました。
ONE_9590

午前10時40分、お待ちかねのおくりさんの法話の始まりです。
ONE_9611

難しく難解な仏法を楽しく分かりやすくお話しくださいます。
ONE_9644

難しい話のはずなのにおくりさんが話すと楽しく笑いが絶えません。
ONE_9649

参加されている皆さんと対話しながらの楽しい法話です。
ONE_9645

写真はパソコンの部品を製造している台湾Gigabyte社の知人がタイ旅行で撮影した観音菩薩像で、なぜ立て膝をついているのかお尋ねしたところ、法話の中でお話しくださいました。
如意輪観音座像など立て膝をついているのは、困った人があれば直ぐに駆け出せるように備えておられるそうです。
_20191013_173922



oneclickpc1 at 10:01コメント(0)安楽寺永代供養墓デジタルカメラ 

2019年09月30日

2019年10月1日から消費税が10%になりますが、9月末は増税直前と言うこともあってパソコン整備授業は大忙しでした!
パソコン整備クラスの生徒さんは基本的に持込自由にしています。
レッスン時間内に終われるなら、どんなパソコンパーツや修理品でもお持ちいただき組立や修理、セッティングからデーター移行まで何でもOKです!

こちらは、豊橋から毎週通うKさん。
2時間で持込ノートパソコン4台をセッティング!
IMG_20190906_185825

こちらは2時間で2台の自作パソコンを組立て!!
IMG_20190913_190437

これまでの授業で一緒に100台以上は組立ててきていますので難しいケースでもお手の物です!
IMG_20190913_191713

組立ては1台30分ほどで完成!
Windows10を入れながらもう1台を組立てています♪
IMG_20190913_202951

こちらは20年以上通ってくださっているYさん。
8年前の自作パソコンのSSDが古くなったので新しいものに差し替え!
持込のSSD(Crucial MX500 500GB 5年保証)と中身を丸ごとコピーするParagon Hard Disk Manager Suite 11
IMG_20190919_190254

こちらは古くなったSSDでコルセアの60GBと120GB。
まだまだ現役で頑張れそう〜♪
IMG_20190919_201545

こちらは買ったばかりの新品Toshibaノートパソコンですが、ハードディスク仕様で起動があまりにも遅いのでSSDに交換しました。
ネジを20本以上外すし裏ぶたを丁寧に外すとハードディスクが見えてきます。
IMG_20190927_191126

ついていたのは東芝製の500GBのハードディスク。
新品でもったいないけど遅すぎるので外しちゃいます。
IMG_20190927_191320

持込のSSD(Sandhisk X600 128GB)に交換すると爆速パソコンに生まれ変わりました!!
IMG_20190927_191522

こちらはパソコンじゃないですが、生徒さんがレクサスを買いたいということで、商談に同行し車屋の弟から新車(Lexus UX250h ハイブリッド)をご購入いただきました。
残念ながら納車は12月なので消費税は10%となってしまいましたが、増税分ぐらい下取りを頑張ってもらいました〜♪
車体は大きく見えますが街中の立体駐車場に入るサイズで、車の周りを囲むようにカメラとセンサーがついており安全対策もバッチリです!
IMG_20190923_095443



oneclickpc1 at 23:55コメント(0)自作パソコン生徒さんニュース 

2019年09月20日

2019年9月20日に安楽寺会館吉田さんの依頼で、八事霊園で行われた安楽寺永代供養墓(年3回無料法要)の撮影に行ってきました。
永代供養墓の建立からまるっと7年、毎回お声をかけて頂き、欠かさず撮影を続けてきましたが、回を重ねるごとに訪れる方々が増えていくことを大変嬉しく思います。
前回に引き続き安楽寺会館でも同時中継を行い、現地での法要参加を断念されておられた方々も室内から法要に参加されました。

お墓に対する考え方も時代と共に変化し、昨今では「子供たちに負担をかけたくない」との思いから、お墓を持っている人もまでもが、手間のかからない合同の永代供養墓へ改葬(お墓の引っ越し)を希望されていますが、お墓に巨額のお金を投じる意味合いも慎重に考えなければならない時代に入ってきたということではないでしょうか。

日本に伝来した仏教は中国を経てやってきたのですが、その中国でお墓にお金を費やし滅びてしまった王朝の話を少しだけ。
豊臣秀吉が朝鮮出兵するころ、中国は明の時代(1368年 - 1644年)で万暦帝(ばんれきてい)と呼ばれる皇帝がおりました。
万暦帝はわずか10歳で即位し無駄な公務員の経費を削減し公共事業の仕分けによって財政を立て直したのは良いのですが、浮いた莫大な資金をすべて自分の墓にすべてつぎ込み愚帝の烙印を押されてしまいます。
死後も妻たちと安楽な暮らしがしたいとの願いから、築かれた総大理石造りの地下宮殿は、やがて国家の運営を脅かす巨額な負債となっていきます。
永遠の安楽を願い建立したはずのお墓が、結果として300年近く続いてきた明王朝を滅ぼすことへつながってしまいました。

先祖を手厚く弔い自らの永代にわたる安楽を願って豪華なお墓を持つことは大切なことかも知れませんが、子々孫々に負債となるような供養の形態はこれからの先受け入れられないのかも知れませんね。


5万円から入れる第一永代供養墓では、年3回八事霊園で合同法要が行われています。
IMG_20190920_104150


IMG_20190920_104208


IMG_20190920_104255

こちらはテレビタックルや中京テレビなどで話題になった、ゆうぱっくの送骨専用第二永代供養墓。
すべてお寺にお任せする形になるため合同での法要は行われませんが、安楽寺さんにより年3回法要が行われています。
この日は副住職と私の二人だけで秋彼岸法要を行いました。
IMG_20190920_110211


安楽寺さんの永代供養墓は初期費用(5万円〜)のみで毎年の管理費(護寺会費)や無用なお布施は必要ありません。
ご先祖様の供養は手厚くしたいけど後々の負担を考えてお墓を迷われている方は、一度ご相談されてはいかがでしょうか?
八事霊園安楽寺永代供養墓のご相談やお申し込みはコチラ


oneclickpc1 at 17:58コメント(0)生徒さんニュース安楽寺永代供養墓 

2019年09月14日

安楽寺さんの所属される名古屋錦ロータリークラブで支援されている「陸前高田応援コンサートin建中寺 講演とジャズの集い」のチラシ作成の依頼を受けカンプ(完成見本)を作成しました。
ボランティア活動の一環で予算も無いのと納期の関係で今日中に作りたいとの急な話の為、安楽寺さんの授業時間を使って2時間で特急仕上げとなりました。
通常、チラシの原稿はillustratorで作成させていただいておりますが、今回は教室で作成した叩き台を元に実行委員会の皆さんで仕上げ印刷されるとのことで、皆さんの環境でも編集できるようWord2010で作成しました。

2019年11月3日(日・祝)午後2時〜4時(開場午後1時30分)
建中寺本堂にて開催されます。(入場無料)

陸前高田市1


陸前高田市2



oneclickpc1 at 20:58コメント(0)生徒さんニュースパソコン授業風景 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ