2006年07月30日

昨日土曜日は5週目で一般レッスンはお休みですが、姉妹揃って2台のパソコン作りに挑戦
お二人とも自作は初体験で、お一人は初めて買うパソコンが自作

午後1時、1台目の作成スタート
まずはお姉さまのパソコン作りから

仕様は来年発売のWindowsVistaでも快適に使えるようペンティアムDに512MBのメモリー、ハードは160GB,256MBのグラフィックボードを追加して入れ物のケースはメモリーカード付き大型ツインファン搭載の真っ白なホワイトボディーでモニター以外の部品が全部揃って約6万円
部品を教室のテーブルに並べて置き記念撮影 
マザーボードを箱から取り出し最初の作業はCPUの取り付けから
ペンティアムDは乗せるだけでOK!
大き目の冷却ファンをワンタッチで取り付け、メモリーの設置
続けてケースにハードディスクとDVDの取り付けマザーボートの設置
マニュアルの接続箇所をマーキングしながら何度も接続を確認してモニター、キーボード、マウスを接続しいよいよ電源の投入
ドキドキしながら電源ボタンを「プチッ」
「キューン、チカチカ〜」っと電源ランプが点灯しファンが回りだす
「やった〜動いた〜
最初に電源を入れる瞬間は何度やっても緊張するし、無事に動いた時の感動は何とも言えない嬉しさがこみ上げてきますね
ここまでの作業で約1時間
無事に動作をしたのを確認し、ウィンドウズのCDをセットしインストール
続けてウイルスソフトやワード、エクセルをインストールし無事完成
せっかくグラフィックボードを追加で付けたので、性能測定ソフトでテスト!
3次元の映像がサクサク動きすごい数値を叩き出す
これで次期ウインドウズのVistaもバッチリですね
ソフトのインストールに2時間かかって、計3時間で1台目が完成

続けて妹さんが合流し2台目のパソコン作りに

こちらは初めてのパソコンなのでコスト重視!
セレロンDに512MBのメモリー、ハードは80GB,64MBのオンボードグラフィック、ケースは真っ黒なブラックボディーでモニター付きの全部揃って6万円弱
1台目と同様の手順で作成スタート
自分のパソコンなので回りは助言するだけで、すべて本人の手で作成
組み立て後配線チェックを終え電源投入
「キューン、チカチカ〜」っと電源ランプが点灯しファンが回りだす
本日2度目の感動がやってくる

時計を見ると7時夢中で6時間もパソコン作ってた〜
オナカもペコペコなのでみんなでパソコン完成打ち上げパーティーへ
ヒラメの活き造りがウマかった〜ッ(><)

パソコン作るなんて普通の人には一生に1度あるか無いかの話で、秋葉系の一部のマニアだけの楽しみ様に思われていますが、自分で作ったパソコンだからこそ仕組みや中身が手に取るように分かり、少々トラブルが起きても我が子の様に可愛くて愛おしくて愛着があるからパソコンが本当に楽しくなります
次週は20代と70代の女性がパソコン作りに挑戦予定
男性陣負けないでがんばって下さいよ〜

↓はCPU(ペンティアムD)を冷やす為のクーラーを取り付けている所〜
ボタンを押し込むだけで簡単につくはずですが実際はうまくいきません
そこで何度も外しては取り付け練習
コツをつかめば簡単ですね
これで今日からCPU取り付けの達人です

自作1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓本体にDVDプレーヤーを取り付けている所
正面のパネルに飛び出さないよう位置を調整し、しっかりネジ止め
ドライバーの持ち方見て下さい
ねじ回しの特訓の成果あって初心者とは思えない手さばきですね〜

自作2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓完成した2台のパソコンにウィンドウズを入れている所です
パソコンに魂が吹き込まれ、生まれて初めてのパソコン誕生の瞬間です
青く光る電源ランプがとても美しくシビレますねぇ〜(><)

自作3

 

 

 

 

 























 パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。

「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 



oneclickpc1 at 03:33コメント(1)トラックバック(12)自作パソコン最新パソコン 

2006年07月28日

本日7月28日は日本人がオリンピックで初の金メダル獲得(1928年) した日
第9回アムステルダム・オリンピックで、三段跳びで織田幹雄、200m平泳ぎで鶴田義行が、日本人としてはじめて金メダルを獲得した日。
栄冠を勝ち取った選手の胸にさんぜんと輝く金メダルは、どこで作られているのだろうか?
正解は、開催国の公的な機関
1964年の東京オリンピックのときは、大蔵省の造幣局で作られたそうだ。開催国で作るといっても、勝手に作っているわけではなく、オリンピック憲章によって定められた「直径60ミリ、厚さ3ミリで純度92・5パーセント以上の銀を土台に、6グラム以上の金メッキを施す」という基準に従って製造されています 

さて、本日はパソコンの健康管理(ハードディスク)の話

昨日も最高気温34.3度日差しはアツく皮膚がヒリヒリヤケドするほど
でも、暑いのは人間だけでは無くパソコンも同じこと!
パソコンは機械だからと思っちゃいけません
温度には非常にデリケートで敏感なのです
下のグラフは「最近パソコンの調子が変」との事で修理依頼があったパソコンのハードディスク(ウインドウズなどのソフトから個人データが保存されている機械)の温度管理表

HDD1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月24日にハードディスクの温度が44度を超えている
許容値は65度の設定になっているが、温度が高ければ寿命もそれだけ早く縮まります
エアコンや扇風機の風を人間だけでなく、パソコンにもあててあげるぐらいの優しさが必要ですね
理想は人間の体温と同じ位のつもりで管理するのがベストです
上のグラフでは25日に環境を変えたので31度まで温度が下がっています

この後新しいハードディスクへ交換しましたがタイヤのパンクと同じで古くなれば故障の確率が高くなりますので、消耗品と考え早めの交換がお勧めです
同じ容量でも新しいハードディスクは温度管理機能や制御システムが改善されているので驚くほど動作が速くなり快適ですよ

詳しくは近々予定しているパソコンメンテナンス講座でやります
普段お世話になっているパソコンを労る気持ちで是非ご参加下さい

そそ、今日は新しいCPUの発売日!
今国産メーカーから出ている最高のCPUのペンティアムD(ペンティアム4のダブル)の上の又さらに上
名前はCoreDuo(コアツーデュオ)
エイデンで最新CoreDuo(コアデュオ)とうたって販売されているノートパソコンがありますが、それの上のデスクトップ版が登場です!
エイデンで売られるのは来年以降でしょうが、自作なら今日から作れます



パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!

 

 

 

 




oneclickpc1 at 08:12コメント(0)トラックバック(0)パソコントラブル自作パソコン 

2006年07月25日

今日はカキ氷の日
7月25日でな(7)つ(2)ご(5)おりの日です
1933年7月25日午後3時ごろ,山形測候所の最高気温計が40.8度を記録した1年で最も暑い日ですが、温暖化のせいで海水温が上昇し雨が多かったせいか過ごしやすい1日でした

さて、本日は授業終了後、3年前にオークションで買ったと言う自作パソコンの改造計画で生徒さんのお宅へお邪魔してきました
なんでも3年前に25万円で買ったと言うだけあって、CPUはペンティアム4の3Ghz、ハードディスクは240GBと高性能でした。
このままでも十分の性能ですが、せっかくなのでCPUはそのまま利用しマザーボードを最新の物に
ハードディスクは旧型が付いていましたが、マザーボードに新型の端子が付いていたので高速の160GBを増設しウィンドウズはコチラへ
グラフィックボードは128M(当時はスゴイ)が付いていましたが、ゲーム主体との事でしたので512MBへアップ
などなど合計5万円の予算で最新最強に生まれ変わり
元が自作だったから作業は簡単ですが、メーカー製でしたら買い替えをお勧めしていました〜
これも自作パソコンの楽しみの一つですね

今週のレッスンはグーグルアースで世界の見所ツアーをご案内します
写真はベルサイユ宮殿さらに拡大すると人の顔が・・・

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!

ベルサイユ



oneclickpc1 at 23:54コメント(0)トラックバック(0)自作パソコン 

2006年07月22日

本日は自作体験講座お疲れ様でした〜
最初は「プリンター1台つなげるのに必死なのに」って声が聞こえてきましたが、参加者全員が一つになってドライバーと虫メガネを握り締めパソコン部品を一つ一つ組上げていって電源投入
無事に動いた瞬間は感動的でしたね〜
さっそく帰りに2名の方がご自分の部品を注文をされて帰りました
ペンティアムDに256MBのグラフィックボード付けて5万円前半
来週木曜に組み立て予定です
詳しくはこのブログでご紹介しますのでお楽しみに

下の写真は本日教材で使用したマザーボードです
部品が固くて入りづらかったり、字が細かくて苦労もしましたが、実際に体験してみて教科書では得ることが出来ない事がたくさんありましたね〜
真っ白なボディーに赤いマザーボードが何とも美しいのが印象的でしたね〜
次回自作講座は8月5日(土)朝10時からです

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!

バイオスターマザー



oneclickpc1 at 22:48コメント(0)トラックバック(5)自作パソコン 

2006年07月18日

パソコンの楽しみ方は人それぞれですが、今日はゲーマー(パソコンでゲームを楽しむ人)からの修理依頼の話です

土曜の夕方生徒さんから電話があり「ゲームを起動すると画面がデカくって操作できない!?」とのSOS
とりあえず中区の自宅へ伺うと、確かにゲームを起動すると画面が10倍ぐらいに大きくなり何の操作もできない
パソコンは大須のツクモ電気で買ったとまでは聞いていたのだが、現場でよく見ると自作パソコン
何でも、やろうとしているゲームがあまりに高度すぎて一般販売モデルでは動かないらしい・・・
で、ツクモの店員が専用に作ったパソコンだとかで電話サポートでは難しすぎて対応できないとか・・・
仕様を見ると台湾のMSI製のマザーボードが付いている
このメーカーはグラフィックボードで世界一に輝き日本にも現地法人を持ち、サポートには現場のエンジニアが対応し製品に対してとことんこだわる職人魂を感じる今一番気になる会社(自分が学生なら就職したい
しかし、なぜか名古屋のパーツショップではお目にかかることが少ない中、「MSIを選ぶとはさずがツクモの店員さんセンスいい」と思わず笑みが・・・
きっとオタク、イヤ熱心な店員さんが作ったに違いないけど、他の店員が対応できない物売ってもお客さん困るだろうに・・・

まずは画面の設定の変更から・・・・やっぱりダメか
ディスプレイのドライバー更新・・・・これもダメ
続いてウインドウズの修復・・・・これもダメ
最後の手段で再セットアップ・・・見事成功

ゲームが快適に動くのを確認した所でタイムリミット
もう1台のパソコンでも動くようにネットショッピングで新しい改造部品を注文し続きは次回へ

最後に「どうやったら自分で直せるようになるの?」との質問を頂いたので、この場をお借りしてお答えしますが、答えは簡単「自分で作れば直せます」
お陰様で7月の自作体験講座は満員御礼
8月にも実施しますので詳しくは教室ホームページの更新情報をご覧下さい!

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!



oneclickpc1 at 04:50コメント(0)トラックバック(4)パソコントラブル 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ