2018年05月19日

お陰様で、本日当校は創業から21年目の創立記念日を迎えることができました。
これまで支えてくださった多くの皆様に改めて感謝申し上げます。
受講生の皆様には少しでも質が高く最先端で人生のお役に立てる授業をとの願いで、「広告費ゼロ!」「看板ゼロ!」「従業員ゼロ!」をスローガンに家賃の高い駅前から現在の『市中の山居』に教室を移転し、経営資源をずべて授業内容に還元することで全国どこにもない教室運営をできるに至りました。
理想の授業を追い求めるあまりマンツーマンを中心としてあらゆるご要望にお応えし続けることは大変非効率で多店舗化することは困難でした。21年経った今も1店舗だけの隠とん教室ですので経営者としては失格なのかもしれません。
しかし、こうしてブログを書いている今も群馬県、新潟県から受講お申し込みをいただき、「ホームページを巡り巡り、やっとワンクリックにたどり着きました!」「全国にココだけです!!」などの心温まるメッセージを読み返しますとこの方針が間違ったものではなかったと改めて確信いたします。
パソコンやスマホを通して皆様をより良い人生に導くために私どもは止暇断眠の思いで学び続けなければなりませんが、新しいことを知り受講生の皆様と知識を共有できるということは実に楽しく幸せなことです。
この先も大好きなパソコンに囲まれ、命続く限りこのやり方を貫き通して頑張って参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。


oneclickpc1 at 00:01コメント(0) 

2018年05月04日

2018年のゴールデンウィークは生徒の皆さん自作パソコンざんまいです!
地元の工場など、休業期間を利用してパソコンを一気にWindows10へ移行される方もおられます。
最高齢のYさんは御年85歳、ご家族の皆さんが海外旅行に出かけている間に一人お留守番でしたが、落ち着いて過ごせるこのチャンスに10年前のパソコンを3台Windows10にリニューアルしました♪

低予算で高性能なパソコンにリニューアルするためにモニター、本体ケースと電源、DVDドライブなどは古いものをそのまま利用しパワーアップを目指します!
選んだのは、4月に発売になったばかりの最新CPU(第8世代Celeron G4900)です。
インテルは高性能で高価格なコアアイシリーズを毎年世代を付けて市場に投入していますが、今年は第8世代目となります。
それに少し遅れを取り低価格帯のCeleron(セレロン)やPentium(ペンティアム)シリーズも最新技術でリニューアルされ後を追うように発売されます。
第8世代Celeronは名前こそセレロンで4000円台と低価格ですが、中身は初代コアアイシリーズよりも高性能で低消費電力。ワードエクセルやインターネットなどを主として扱う一般ユーザーには持て余すほどのパワーを秘めています。
第8世代用にリニューアルされたマザーボードはMSI社B360M Pro-VHをチョイス。
インテル第6世代〜第8世代までのCPUはいずれもCPUソケット(口金)の形状がLGA1151ですが、第8世代から互換性がなくなったので、第8世代を使うにはマザーボードの型番が300番台である必要があります。
同じ300番台でも内蔵されるチップセットの種類によりやれることが異なりますので、予算と用途に応じて選択すると良いでしょう〜

Intel300シリーズチップセットの主な仕様
Z370 CPUオーバークロック対応、RAIDサポート (最上級ゲーマー、ヘビーユーザー向け)
H370 USB3.1対応、RAIDサポート 一般、上級者向け
B360 USB3.1対応 無駄のないビジネス向け
H310 メモリー2スロット とにかく安く作りたい最低限に絞ったエントリーモデル


今回は耐久性と価格を考慮してB360シリーズを選びました。
セレロンではオーバークロックできませんし、クラウドを主体に使うのでRAIDも不要ですからB360がピッタリです。一般の方にもお勧めできる定番マザーボードです。
ONE_2261

今回は古いキーボードをそのまま使うのでPS/2接続(左上の紫と緑)の端子があるマザーボードをチョイス。
アナログモニター端子もあるので古いブラウン管時代のモニターやプロジェクターにも接続できます♪
ONE_2263

開発コードネーム(Coffee Lake-S)と呼ばれるインテルのデスクトップPC向け第8世代Core低価格プロセッサーでインターネットからワードエクセルもサクサクこなし、IntelR UHD Graphics 610高性能グラフィック搭載で4Kの出力も楽々です♪
ONE_2268

発熱量も少ないのでとにかく静か!
薄型クーラーでスッキリです♪
ONE_2269

メモリーはCorsair(コルセア)の永久保証RRD4(2666)メモリーです。
2枚1セットで使います。
ONE_2277

メモリーには冷却用のヒートシンクがついているので夏場も心強いですね!
ONE_2282

ストレージにはハードディスクでなくSanDiskの高耐久性Xシリーズ(5年保証)のSSDをチョイス!
ONE_2284

本体ケースは10年前の物ですが、いつも磨いて大切に使ってらっしゃっているので新品同様です♪
ONE_2288

コチラが10年前のWindows7で稼働時間は延べ1万時間越え!
こまめに清掃されているので10年経っても新品同様にピカピカで、オーナー様が大切に使ってこられたことが良くわかります♪
仕様はマザーボード(G31)+CFDメモリー1GB×2枚ですが、これまでほんと良く頑張ってくれました〜
ONE_2292

コチラがリニューアル後の新しいCPUとマザーボードですが、これからWindows10としてあと10年は頑張ってもらいます!
ONE_2293

こちらはもう1台の側面が透明なスケルトンモデル
DSC_0233

透明アクリルパネルで自分で組立てたパーツを眺めながらウットリできます〜♪
DSC_0235

Windows10なのにフロッピーディスクドライブが付いています♪
上段には10年前主流だったデジカメメモリのSM(スマートメディア)やCF(コンパクトフラッシュ)スロットを備えています。
DSC_0234

市販のパソコンならとっくに廃棄処分になっているところでしょうが、自作パソコンは直せばいつまでも使うことができエコですね〜(^^♪

oneclickpc1 at 22:30コメント(0)デジタルカメラ自作パソコン 

2018年04月04日

アマゾンが開発したAIスピーカー(人工知能を搭載した端末)で最小型のEcho dotが2018年4月3日に一般販売が始まり、当校も授業用に1台購入しました。
AIスピーカーは各社から続々と発売されてきましたが、総称してスマートスピーカーとも呼ばれており、連携する音声人工知能アシスタントが使用者と音声でやり取りをすることで様々なサービスを受けることができます。
シェア別で言いますと先行発売した米国ではアマゾンが総数の半分以上を占め、続いてグーグル、アップルと併せて80%程をアメリカ企業が独占しています。
日本では言葉の壁が厚く英語のように簡単には人工知能が理解できないため1年以上遅れての発売となりましたが、スマホに入っている人工知能とは比べ物にならないほど素早く(1秒以下で反応)、数メートル離れた部屋の片隅からでも音声を正確に認識し答えてくれます。

現在発売されているAIスピーカーの主な特徴は
_酸爾覗犧邁椎修焚板輙兩宿
∋藩兌圓鮴爾納永未群酸爾捻える
ニュースや天気予報など情報を音声で読み上げる
ぞ般澄▲謄譽咫▲┘▲灰鵑覆媛氾点宿覆魏酸爾覗犧遒任る
ゥぅ鵐拭璽優奪半紊両霾鵑鮗集し音声で読み上げる
Φ’修鯆媛辰垢襪肇薀献や電子書籍を読み上げる
などなど様々です。


実習用に買ったAIスピーカーは、大きさが手の平サイズのAmazonが販売するEcho dotで、大きさは超コンパクトで手のひらにスッポリ収まるほどのサイズですが、頭脳(alexa:アレクサ)大型のスマートスピーカーと同様で瞬時に人間と会話ができるほど優秀です♪
指示はすべて音声でおこないますが、認識力は高く数メートル離れた隣の部屋からでもちゃんと認識してくれます。
いつも人の話に耳を澄ませて聞き耳を立てているので盗聴されているようで気味が悪いと感じられるかたもおられると思いますが、聞こえていても返事もしない夫(妻)と違って、いつも主人の声に反応しどこからでも駆けつけてくれる愛犬のような可愛らしさと頼もしさがあり、ロボットと言うより一人の家族と言ったほうが良いかもしれません。
Echo dotはアマゾンのサービスと強力に連携でき、音楽サービスはもちろん、買い物(Amazon)や読書(Kindle)も快適にこなしてくれます。
授業では、Echo dotの無線設定から基本的な使い方やスキルと呼ばれる第3者のアプリとの連携などAIスピーカーの基礎を学びながら秘めたる人工知能の可能性を探ります。


使い勝手は簡単で、ボタンに触れることもほとんどありません。
一度設定さえしてしまえば操作は簡単で「アレクサ!」に続いて命令を声に出すだけです。

ニュースを聞くには・・・
「アレクサ!今日のニュースは?」

音楽を聴くには・・・
「アレクサ!童謡を再生して!」
「アレクサ!ボリューム上げて!」
「アレクサ!次の曲!」
「アレクサ!やめて!」

ラジオを聴くには・・・
「アレクサ!RadikoでZIPFMをかけて!」

本(電子書籍)を読むには・・・
「アレクサ!Kindleを読んで!」


などなど、声に反応してくれます。
さらに、スマートフォンをブルートゥースで接続すればEcho dotがワイヤレススピーカー代わりに早変わり!
日常生活にAIスピーカーが入るとペットが一匹増えたような感覚になります♪

何だか話だけ聞いていると近未来の試作機のようにも感じますが、今から生まれてくる子供たちは日常生活に当たり前のように人工知能があり、身体が思うように動かなくなってしまった高齢者や障がいを抱える方々の大きな助けになるのではないかと思います。
また、銀行や行政サービスにもAIが実用化されることで働き方も大きく変革していき、何を子供のうちから学ぶべきかも考えなくてはなりません。

まずは、「人工知能のAIで何が楽しめるんだろう?」と軽い好奇心からでかまいませんので、AIスピーカーに触れてみることから始めましょう!
AmazonEchoなどAIスピーカーを購入されましたら箱のまま教室までお持ちください!
受講生の皆様限定とはなりますが、設定から使い方までEchoの活用方法を余すところなく伝授させていただきます。
万が一、自宅で設定がうまくいかなくてもご安心ください!
無線の設定から使い方まで、ご自宅へ訪問しサポートさせていただきます♪
ぜひ、人工知能ライフをお楽しみください〜

DSC_0180


アマゾンのAIスピーカーは用途に応じて3タイプあります。

,泙困蓮入門の手の平サイズでお値打ちなEcho dot
 内蔵のスピーカーがちょっと・・・とネットなどでは酷評されていますが、音質は素晴らしく、ヘッドフォン端子からスピーカーにつなげば立派なコンポに早変わりです。
 コンパクトで部屋の中を持ち歩けるのでリビングや寝室など場所を選ばず手軽に楽しめます。
 シガーライターの電源とスマホテザリングによるネット環境があれば車に持ち込んでも快適です♪







音質にこだわった標準モデルのEchoでウーハースピーカー内蔵で本格的な音楽を楽しめます。



スマートホームハブを搭載し家電も操作可能な高級機種のEcho Plus






oneclickpc1 at 21:23コメント(0)スマートスピーカーパソコン授業風景 

2018年03月26日

安楽寺会館吉田さんの依頼で、八事霊園で行われた安楽寺永代供養墓(年3回無料法要)の撮影に行ってきました。
永代供養墓の建立からまるっと7年、毎回お声をかけて頂き、欠かさず撮影を続けてきましたが、回を重ねるごとに訪れる方々が増えていくことを大変嬉しく思います。

0205

ONE_1729

ONE_1732

ONE_1770

ONE_1804




oneclickpc1 at 21:56コメント(0)生徒さんニュース安楽寺永代供養墓 

2018年03月12日

3月のパソコン組立修理講座で使用する最新CPUが届きましたので、早速授業で使ってみました!
届いたのAMD社のCPUでRyzenシリーズでは初となるグラフィック搭載のRyzen 3 2200Gです♪
これまでRyzenシリーズのCPUはグラフィック機能を搭載しないので、グラフィックボードを装着しなければならず、コンパクトケースには不向きでしたが、今回VegaGraphicsと呼ばれる最新グラフィックがCPU内に格納されたためグラフィックボードが不要となりました。
今回発売になったグラフィック搭載のRyzenシリーズは、Ryzen 3 2200GとRyzen 5 2400Gの2種類ですが、お手頃価格で購入できる2200Gを実習では使ってみました〜
このRyzen 3 2200Gと併せて使うマザーボードはAsus社製の超高耐久性パーツを使用したTUF B350M-PLUS GAMINGで、DDR4-3200MHz、32Gbps M.2、およびUSB 3.1 Gen 2をサポートするAMD AM4 micro-ATXゲーミングマザーボードです。
実習ではバトルフィールド1(インストール容量約80GB)を動かしてみましたが、グラフィックボード無しのCPUだけで動作が可能でした♪

DSC_0970


小学6年生のKくん、新型Ryzenを前に少々興奮気味!
マザーボードのソケットはAM4のままですが、新型AMD Ryzen 3 2200Gはクーラーの取り付け方法が全く違うので取付けに苦戦しました〜
今回使用したTUF B350M-PLUS GAMINGは新型Ryzenに対応したAM4マザーボードでしたが、現行発売されているほとんどのAM4マザーボードはUEFI(BIOS)のアップデートをしないとウンともスンとも言いませんので注意が必要です。
新しいCPUだけあって「HDMI接続で音は出ない」「DVDやブルーレイが見れない」などなど初期設定では問題山積みですが、1つ1つ自力で解決していくのも自作パソコンの楽しみの1つでもあります〜♪
DSC_0987



oneclickpc1 at 23:02コメント(0) 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ