2018年03月12日

3月のパソコン組立修理講座で使用する最新CPUが届きましたので、早速授業で使ってみました!
届いたのAMD社のCPUでRyzenシリーズでは初となるグラフィック搭載のRyzen 3 2200Gです♪
これまでRyzenシリーズのCPUはグラフィック機能を搭載しないので、グラフィックボードを装着しなければならず、コンパクトケースには不向きでしたが、今回VegaGraphicsと呼ばれる最新グラフィックがCPU内に格納されたためグラフィックボードが不要となりました。
今回発売になったグラフィック搭載のRyzenシリーズは、Ryzen 3 2200GとRyzen 5 2400Gの2種類ですが、お手頃価格で購入できる2200Gを実習では使ってみました〜
このRyzen 3 2200Gと併せて使うマザーボードはAsus社製の超高耐久性パーツを使用したTUF B350M-PLUS GAMINGで、DDR4-3200MHz、32Gbps M.2、およびUSB 3.1 Gen 2をサポートするAMD AM4 micro-ATXゲーミングマザーボードです。
実習ではバトルフィールド1(インストール容量約80GB)を動かしてみましたが、グラフィックボード無しのCPUだけで動作が可能でした♪

DSC_0970


小学6年生のKくん、新型Ryzenを前に少々興奮気味!
マザーボードのソケットはAM4のままですが、新型AMD Ryzen 3 2200Gはクーラーの取り付け方法が全く違うので取付けに苦戦しました〜
今回使用したTUF B350M-PLUS GAMINGは新型Ryzenに対応したAM4マザーボードでしたが、現行発売されているほとんどのAM4マザーボードはUEFI(BIOS)のアップデートをしないとウンともスンとも言いませんので注意が必要です。
新しいCPUだけあって「HDMI接続で音は出ない」「DVDやブルーレイが見れない」などなど初期設定では問題山積みですが、1つ1つ自力で解決していくのも自作パソコンの楽しみの1つでもあります〜♪
DSC_0987



oneclickpc1 at 23:02コメント(0) 

2018年02月27日

毎年、名東区の生徒さんから手作りの「おこしもん」をいただいております♪
愛知県の尾張から三河地方の旧東海道沿い地域では、ひな祭りに「おこしもん」という祝い菓子を食べる風習があります。
米粉をお湯で練り、木型に押し付けて型おこしをすることから、おこしもんと呼ばれます。
木型は各家庭それぞれ独自のモチーフで同じものは二つとありません。鮮やかな食紅で色づけられた「おこしもん」は鯛や松、宝船など縁起の良いデザインが多いですね〜

ONE_1538



oneclickpc1 at 14:13コメント(0)デジタルカメラ生徒さんニュース 

2018年02月16日

2018年2月11日は、火曜日の生徒さんで瑞穂区安楽寺吉田住職夫妻からご招待いただき、安楽寺会館で行われた佛佳会総会の撮影に行ってきました。

0209

ONE_0957

ONE_1077

ONE_1225



oneclickpc1 at 22:15コメント(2) 

2018年02月05日

今週はスマホやタブレットで気軽にゲームを楽しめる「旅かえる」のご紹介。
「旅かえる」は日本のヒットポイントが開発した放置型ゲームで、きまぐれなカエル君が旅して回るのですが、プレーヤーはひたすら帰りを待つのみで、ほとんど何もできません。
それにもかかわらず中国や台湾、タイなどでは爆発的なヒットを飛ばしています!
何が楽しいのか日本人にはさっぱり分からないでしょうが、このゲームの楽しみは自分に代わってカエル君が日本全国の名所を回ってお土産と記念写真をユーザーに届けてくれるところです。
つまり、日本に憧れ、日本のことがもっと知りたいと潜在的に願う中国人や台湾人がいかにたくさんいるかと言うことになります。
このゲームをきっかけに日本へ旅行に来る外国人も少なくないでしょう〜
基本プレイは無料で誰でも簡単に始められますので皆さんもぜひチャレンジし日本に憧れをもって来る外国人におもてなしをしてあげましょう♪

主人公のカエル君に好きな名前を付けてあげましょう!
Screenshot_20180204-134945

したくボタンを押して、旅に持っていくお弁当を用意してあげます。
カエルはきまぐれで旅に出て、ふらーっと突然帰ってきます。
ユーザーはひたすら待つだけのまったりしたゲームです。
Screenshot_20180204-003331

準備を整えてあげるとカエルは気ままに旅に出ます。
留守中は庭に出て次のお弁当に必要になるクローバーを集めます。
Screenshot_20180204-134840

カエルは旅先から記念写真を送ってきます
received_933448560136029

最初に旅に出た場所は名古屋城
Screenshot_20180204-091829

お土産は名古屋名物ういろうでした〜
Screenshot_20180204-004045



oneclickpc1 at 22:56コメント(0)最新パソコンスマホ・タブレット 

2018年01月27日

キッズクラスの小学生の子供たちと電子工作の授業を楽しんでいるのですが、ラジオを見たことが無いというので手持ちのトランジスターを使ってAMラジオを手作りしてみました!
組立ては10分ほどでダイアルを調整しながら耳を澄ませると相撲の放送が聞こえてきました〜♪
使ったのは1個10円のトランジスター1つだけでシンプルなもの!
電池も単三乾電池1つで1ヶ月以上放送が聞けます♪
もちろんWifiやSIMは不要で、電波を受信して放送を聞くのでタダです!
トランジスターは石でできているので1石(せき)、2石、3石・・・と数えます。
パソコンのCPUが登場したのは1971年で、当時のインテル4004CPUにはトランジスターが2300個使用されていました。
あらから47年経ち、今ではスマホのCPUにはこのトランジスターが10億個を超える超える膨大な数が使われています。
今回はたった1個でもラジオが聞けるかの実験でしたが、無事に音が鳴った時は感動でしたね〜(*^_^*)
今ではRadikoなどスマホやパソコンでラジオ放送が聞ける時代ですが、災害時に停電すると使い物になりません。
結局、頼りになるのは電波を受信できるラジオだけです!
動作原理は単純で、高周波を流さないマイクロインダクタ(コイル)と低周波を流さないバリコン(コンデンサ)の比率を変えることで一定のラジオ局の周波数だけを通す同調回路を組みます。
通過した微弱な電波をトランジスターで増幅し、僅かな信号を聞くことができる聴診器のようなクリスタルイヤホンで視聴します。

左上の黒い丸いダイヤルがバリコン(バリアブルコンデンサー:可変蓄電器)で受信する周波数を調整します。
ONE_0883

ラジオのメイン回路はトランジスター1個(手前の黒い部品)とインダクター1個(奥の緑の部品)のみ。
はんだ付けの不要なブレッドボードを使ってますから、何度でもやり直しがききます♪
ONE_0884

足が3本ある黒い部品がトランジスターで、スイッチや増幅の役割をします。
お値段は10個で100円♪
1石では音が小さいですから、クリスタルイヤホンでわずかに聞こえる放送を楽しみます♪
ONE_0885




oneclickpc1 at 18:16コメント(0)自作パソコンデジタルカメラ 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ