2018年01月21日

2018年1月21日(日)は、昨年からご予約いただいていた東京からの生徒さんをお招きし、最新自作パソコンの全てを1日特訓で学んでいただきました♪
人生初のパソコン組立とのことでしたが朝から休憩なし、昼も食べながらのレッスンで夜まで一気に授業〜!
最後まで熱心に受講していただきありがたく思います。

Intelからは第8世代となる最新CPU(Coffe Lake)やそれに対応したチップセット300番台のマザーボード、AMDからはFM2+からAM4へ統合されたA10やA12など最新パソコンについて勉強しました。
ハードディスクも2.5インチSSDから、M.2、NVMeへと高速化し、ますます低価格でオモシロいパソコンが組立てられるようになってきました♪

次週は、大阪から自作パソコンを学びにお越しいただく予定です〜(*^_^*)

ONE_0776





oneclickpc1 at 20:09コメント(0)デジタルカメラ自作パソコン 

2018年01月14日

2018年1月13日、名古屋市瑞穂区安楽寺境内にある為麿塚(ためまろつか)法要2018の撮影に行ってきました。
毎月13日は安楽寺さんの法要の日なのですが、1月13日は新年会を兼ね門徒さんとともに地域の皆さんも参加されるお正月行事となっています。
「比叡山 延暦寺」のように、お寺には山号(さんごう)と呼ばれる寺院名の前に付けられる称号がありますが、安楽寺さんの場合は「為麿山」が山号となっています。
これは、お寺が昔、山に建てられた名残だそうですが、インドや中国で山中に寺院を設けたという伝統が今でも引き継がれているのが素晴らしいですね。
為麿塚は赤穂浪士が吉良邸討ち入りした元禄時代(1688年〜)に熱田神宮の祀官として熱田神宮復興に力を尽くした長岡為麿を祀る塚と祠(ほこら)で名古屋市のホームページ「ふるさと歴史のみち」でも散策コースの1つとして紹介されています。
ちなみに、熱田神宮周辺のお寺の山号は「亀」の1字が入った寺院がたくさんあります。
これは蓬莱伝説に由来するものだそうで、海辺に隆起する安全な高台を亀の甲羅に見立てて山号としたのかも知れませんね〜

この日のイベントに合わせてお寺も当校も準備で大忙しです!
年末から住職さんがワードで安楽寺新聞(A4サイズ4ページ)の原稿作りを始めます。
1月1日の元旦は新聞に載せる写真の選定や加工の打ち合わせ。
今年は住職さんが風邪でダウンされたこともあって最終原稿が手元に来たのが9日(火)の夜でした。
そこからillustratorで版下を製作し夜中に印刷業者に発注!
納品されたのが12日(金)夕方で、為麿塚法要の前日夜に大慌てで自宅へ850部お届けにあがりました♪
伺った時には、お善哉の仕込みの真っ最中で、66名分のお節料理の仕込みと共にイベント前夜も大忙しでしたが、これが終わるとやっと新年が始まったという感じでホッとします♪

021113


ONE_0388

ONE_0430

ONE_0471

ONE_0542

ONE_0546

ONE_0590

ONE_0594

ONE_0608

ONE_0651

ONE_0694




oneclickpc1 at 12:29コメント(0)デジタルカメラ安楽寺永代供養墓 

2018年01月01日

皆様、あけましておめでとうございます。
2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

毎年元旦は安楽寺さんの撮影の仕事からスタートします。
元旦の恒例となってきましたが、おくりさん手作りの美味しいおせち料理と共にいただく1杯のおぜんざいから新年が始まります〜


ONE_0280

ONE_0252

07



oneclickpc1 at 12:58コメント(0)デジタルカメラ安楽寺永代供養墓 

2017年12月14日

当校へは一般の生徒さんだけでなく、現役のパソコン教室の先生方も勉強に通われています。
豊橋のパソコン教室のM先生からのご相談で、シニアクラスの皆さんにタブレットで何か良い授業はないかとのご相談をいただき、先月の21日に公開になったばかりの「どうぶつの森ポケットキャンプ」の楽しみ方を提案しレッスンさせていただきました♪
「どうぶつの森シリーズ」は2001年にNINTENDO64向けのソフトとして登場して以来、子供たちに大人気のソフトです。
そのスピンオフ版としてAndroidやi Phone向けに公開されたのが「どうぶつの森ポケットキャンプ」です。
通称「ポケ森」と呼ばれる話題のアプリは、公開からわずか1週間で1500万ダウンロードを突破した人気のゲームで、基本無料でプレイできます。
私自身も公開と同時に始め、生徒さんたちと一緒になって楽しんでいます〜
ゲーム自体はマッタリ楽しめるので反射神経は必要ありませんが、自分がキャンプ場の経営者となり登場する動物からの様々な注文を覚えて配達しなければならないので記憶力が必要です!
シニアクラスの皆さんは認知症予防にピッタリで、ボケ防止と言いながらハマって楽しんでますね!

中央に居るのが主人公の自分で、ヘアースタイルや目や服装など自分にそっくりなキャラクター作りから始まります。
各動物たちが、果物や昆虫、魚介類など様々なリクエストをしてくるので、それをしっかり覚えてゲーム上に展開する様々な島をめぐりながら頼まれたものを探して歩きます。
Screenshot_20171202-173302

移動はキャンピングカーで思い思いのカスタマイズが可能です。
島に到着し早速フィッシング開始!
川魚のオイカワをゲットしました!
Screenshot_20171214-100703

こちらは海辺で海の幸を探します。
動物たちからのリクエストの多いアジをゲット!
Screenshot_20171214-101003

各島には動物たちが1匹いて、様々なリクエストをしてきます。
集めたものを動物たちに持っていくと、御礼にお金や家具などを作る素材をプレゼントしてくれます。
Screenshot_20171214-101122

めったにお目にかかれないミヤマクワガタをゲットしました!
Screenshot_20171214-144321

こちらは、サクランボを収穫中です。
ゲーム内で出会った人や実際の友達を登録すれば、集めた品物を売買できるようになります。
相手と会話するチャット機能はないので、お子さんたちが始めてもトラブルに巻き込まれる心配はありません。
Screenshot_20171214-101321




oneclickpc1 at 21:47コメント(0)パソコン授業風景スマホ・タブレット 

2017年12月10日

「小学生の保護者必見!2020年 プログラミング教育必修化!!」
なんて記事をよく目にするようになりましたが、国がプログラミング教育を必修化した理由には将来、IT技術者の圧倒的な不足が予想されているからです。
「プログラマーが不足するなら得意な外国人かAI(人工知能)にやらせれば良いんじゃない?」
その通りです。

「政府は労働力をAIに移行し、AI税を課税すれば?」
「徴収したAIからの税を国民に配れば(ベーシックインカム)これからはガムシャラに働く必要なくない?」
「そんなに働かなくて生きていけるなら、勉強もほどほどで進学も気が向いたらで良いんじゃない?」

とっても良い話に聞こえますが、この話が日本ならばです・・・
もし、稼ぐ人工知能を作ったのが中国やインドならAI税はどの国のものでしょうか?

「第4次産業革命」と呼ばれている次の分野で、日本は先進国の座を奪われる可能性も出てきました。

IoT(インターネットと身の回りのモノをつなぎネットから監視制御する)
▲咼奪哀如璽拭文〆やSNSなど人々がやり取りする膨大なデーターが財産となる)
人工知能(人に代わってモノを認識し判断し熟練が必要な人材がいらなくなる)
ぅ蹈椒奪肇札鵐機次兵屬亮動運転など人工知能の手足となる)

どれも一朝一夕に学べる分野ではない上に、教えられる教員がほとんどいないのが現状です。
書店に行けばプログラムの入門書が山ほど詰まれていますが、どれも理解できるのは最初の数ページで、本題に入るとドボーン!と深みにハマりまったく理解不能です。
例えば「はじめてのJAVA言語入門」なんて本がありますが、JAVA言語が初めての方向けで、プログラムが初めての方向けではないのです。

プログラミング(プログラムを作ること)には大きく分けて2つの種類があります。

(雑な機能を1つの図形にまとめ、ブロックを組み合わせることでゲーム感覚でマウスを使ってプログラミングする。(Scratchなど)
▲廛蹈哀薀潺鵐宛生譴鮖箸辰1文字ずつ英文を打つかのようにキーボードで入力してプログラミングする(C、JAVA,PHPなど200種類以上)

,離屮蹈奪を使ったプログラミングで料理で言えばインスタントなレトルト食品。誰でも簡単に始められ教えるほうも準備が楽なので、街のパソコン教室や学習塾などが積極的に導入しています。
当校でも扱ってきましたが、あくまでも教育用で実践では使われておらず子供だまし(当校の小学生が、そうつぶやいていました〜)。
簡単ゆえに実践では使えず子供たちも見切りをつけすぐに飽きてしまいます。

△諒源打ちプログラミングは言語と言われるようにソースコードを1文字ずつ手入力することでプログラムを書き上げていきます。
英語やドイツ語を学ぶのと同様でそれぞれ違った単語や文法を覚えなければならず険しい道ですが、世の中すべてのプログラムがソースコードによって書かれ作られていますから、試行錯誤自分で考え試してみて出来上がったプログラムが無事に動いた時は感動モノです!

小学校のプログラミングでは多種多様で仕様の移り変わりが激しいソースコードを子供のうちから覚えても無意味と判断し、プログラミングの概念を紙と鉛筆で学ぶ方向に固まったそうですが、難しいソースであるからこそ、頭が柔軟な幼少期からソースコードに触れるべきだと思います。

当校では小学生からいきなり電子部品を制御するArduino言語(C言語がベース)を使ってソースコードを書かせていますが、子供は吸収が早く難しい関数を駆使してどんどんロボットを組上げていきます♪

C言語を学び始めて1ヶ月のG君は往復2時間かけて教室に通っています。
覚えたての関数を駆使し英文タイプでひたすらLEDイルミネーションを制御するプログラムと格闘!
「今年のクリスマスイルミネーションは僕に任せて!」と家族に宣言した手前、後には引けません。
無事に動いて「達成感ハンパねぇ〜!!」と叫んでいます
DSC_0751

こちらは中学3年生のT君がArduino言語で動かしている机から落ちないロボット
ステッピングモーターの制御プログラムを改良し、ゆっくりアームを動かしながら地面の障害物を探査します。
プログラムがうまく動かず1ヶ月悩み続けましたが、この日は授業の最後ご両親が見学に来るとのことで時間との戦い!
なんとか授業の終了5分前に完成♪
板の上を進むロボットが端までやってきて落ちそうに!
慌てて手を差し伸べるお父さん
でも、センサーが働きギリギリでストップ!
向きを変えて転回しセーフ〜
思わずお父さん、お母さんの拍手が沸き起こりました〜♪

DSC_0750








oneclickpc1 at 11:39コメント(0)プログラミングC言語Arduino 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ