2016年07月

2016年07月29日

ポケモンGOが解禁になって1週間、多くの生徒さんとポケモン狩りを楽しみました♪
火曜はあいにくの大雨でしたが、シニアクラスの生徒さんと教室の車に5人で乗り込み、ポケモンが多く現れるスポットを目指し、プチツアーにGO!
車内から、雨にも濡れず、ポケモンを次々にゲット♪
1時間あたり1人で10匹以上のモンスターと遭遇し、車内では歓声が沸き起こり、大いに盛り上がりました〜)^o^(

そんな中、ポケモンGOがスマホやタブレットで起動できないとご相談を多数いただいていますが、概ね3年以上前の機種では性能が足りず動作しないケースが多いようです。
そこで、格安SIMが使え、ポケモンGOが快適に楽しめる格安タブレット Huawei(ファーウェイ)社製のMedia Pad T2 7.0 Pro (実売価格約2万7千円)を取り寄せ早速、授業で生徒さんと動作実験してみました。 

こちらがMedia Pad T2で、今は少なくなってきた7インチ液晶なので、Nexus7のように片手で持つことが可能な最大クラスになります。
Wifiだけでは、室内でしか楽しめないので、屋外でもネット通信できる格安SIMも同時に注文しました。
SIMカードを搭載することでNTTドコモの回線を使って携帯やスマホのように通信が可能になります。
格安SIMのDMMmobileは低速通信が無制限で使える月額440からイロイロ選べます。
ポケモンGO自体はほとんど通信量がないので、今回は高速LTE1GB付きの月額480円プランにしました。
_20160728_115543

本体側面に、nanoサイズの超コンパクトなSIMカードやMicorSDカードを差し込みます。
カードを差し込み電源を入れると、SIM設定画面が出るので、付属のパスワードなどを入力し設定完了。
_20160728_120224

早速、ポケモンGOをインストールしますが、高性能なのであっという間に完了!
まずは生年月日を入れますが、左が月、真中が日、右が年になります。
DSC_0120

さっそく、モンスターが現れました!
実写とアニメを合成して動かせる、AR(拡張現実)もバッチリ動作します!
当たり前に見えますが、ソニー製のタブレットの一部では、カメラが90度回転して正常に動作しません。
ソニーのサポートの回答では、タブレットはスマホ用のアプリは保障外とのこと・・・
Media Pad T2では、ポケモンGOが確実に動作確認できましたので安心です!
DSC_0121

「ふしぎだね」が無事にゲットできました!
頑張って、ポケモンマスターを目指しましょう!!
DSC_0123

今回は屋外で歩き回ることを想定し、落下防止用のバンドを取り付けました!
万一、手が滑ってタブレットを落とすような場面でも、これがあれば安心ですね〜
DSC_0124

バンドの両サイドは、画面にわずかに引っかかるだけで、操作上に問題はありません。
DSC_0125

教室前の安泰寺へ
ここにはアイテムが無料で手に入るポケストップがあります。
GPSもずれることなく正確に動作し、地図も方角も完璧です!
バンドを付けているので、落とす心配がなく、初心者の皆様にこれはお勧めです!!
DSC_0128


今回使用した、SIMフリーの格安タブレットで今月(2016年7月)発売になった最新モデルです。


こちらがタブレット用の落下防止用のバンドで、調整可能なので7インチから10インチまで対応できます。




まだ、ガラケーしか使ったことがなく、話題のポケモンGOをやってみたい方には、携帯とタブレットの2台持ちをお勧めします!
何がいいかって、スマホ1台だと電話しながら予定表を見たりするのが困難ですが、2台持ちなら電話しながらタブレットが操作できます!
教室の授業では、タブレットの購入からSIMカードの設定、ポケモンGOの操作方法から、お勧めのスポットを巡るモンスター狩りツアーまで、とことん楽しんでいただいていますので、お気軽にお問い合わせください!






 

oneclickpc1 at 13:41コメント(0)トラックバック(0)パソコン授業風景Pokemon GO 

2016年07月22日

本日、2016年7月22日、突如、日本でポケモンGOが解禁になり、早速授業で行いました〜♪
ポケモンGOは基本プレイ無料で楽しめます!
開始早々、モンスターが地図上に出現し、「ブルブル!」っと振動で通知が来たので、タップするとカメラが起動、実写の中にアニメもポケモンが現れます。これをAR(拡張現実感/オーグメンテッドリアリティ)と呼んでいます。
画面上に出現したポケモンに、モンスターボール(赤白)を画面スワイプで投げ、当ててゲットしますが、ボールを投げつける方向と距離が大事で、慣れてくれば1度で当てられるようになります♪
ボーリングと同じ要領で、モンスターはピンと同じ。
弱い玉では弾き返され(逃げられ)たり、真正面からよりサイドから変化球を投げる方がピンを倒し(捕獲)やすいようです。
モンスターボールは消耗品で、画面上のショップボタンから購入するか、近くのお寺など(ポケスポット)で手に入れます。
午後一番の授業の時点では、モンスターが出現しやすいと言われるマクドナルドには、誰もやっている人が居なく、モンスター捕り放題!1時間で10匹ほど捕獲しました〜♪
夜の授業では、豊橋からお越しの生徒さんとイオン新瑞橋店へ・・・
駐車場を歩いていると、「ピカ〜!ピカ〜!!」ピカチュウの声が聞こえてきます
しかし、夕方のニュースで一斉に放送されたせいか、すごい人で通信状況が悪く、まったくつながりません・・・(+o+)
声は聞こえど姿は見えず・・・
周りを見渡すと、スマホ片手にモンスターを探す人だらけですが、子供の姿はありません。
やってるのは20代から30代の若者だけで、ポケモンと共に育ち、所得を得るようになった世代が、昔を懐かしみ、ゲームを有利に進める課金アイテム(有料)を自分へのプチご褒美としてやっているようにも見えます。

明日またリベンジですね!

アニメ版ポケットモンスターでは10歳の誕生日を迎えると、モンスターを飼うことが許される設定ですが、Pokemon GO では、Googleの制約上13歳未満はプレイできなため、14歳以上となります。
13歳未満の方が楽しむにはPCT(ポケモントレーナークラブアカウント)で登録をしてください。
プレイストアからアプリをダウンロードしますが、解禁日の今日、昼の部では快適だったのに、夜の部ではなかなかインストールが進みませんでした〜
Screenshot_20160722-120636

ポケモンGOインストールが終わると、キャラクター設定画面に進むので服装やヘアスタイルを選択します。
Screenshot_20160722-120835

ポケモンGOの初期設定が終わると、いよいよゲームスタートです!
GPS情報を元に地図が表示され、教室周辺に3匹のモンスターたちがいるのが分かります〜
Screenshot_20160722-121116

地図上のモンスターをタップすると、ARが画面が起動し、現実の実写の中をモンスターが動き回ります。
手前のボールを飛ばしてモンスターを捕獲します!
Screenshot_20160722-121256

うまくモンスターを捕えるとスコアが表示されるので、OKをタップします。
Screenshot_20160722-121326

今回捕まえたの「フシギダネ」
Screenshot_20160722-121344

モンスターを捕獲するカプセルは消耗品なので、お寺などポケストップでゲットします!
Screenshot_20160722-121606

地図によると教室前の安泰寺の入口に何かあるようです・・・
Screenshot_20160722-123204

ありました!安泰寺の案内用の石塔です。この坂を上るとお寺がありますが、昔は山崎城だったそうです。
DSC_0081

カメラを向けてみると、ありました!
指示に従ってスワイプすると・・・
Screenshot_20160722-121554

モンスターを捕獲するカプセルゲットです!
Screenshot_20160722-123259

生徒の安楽寺さんもポケストップ(アイテムが無料で手に入るスポット)になっています。
安楽寺境内に祀られている書道の神様である為麿塚(ためまろつか)を目印にお立ち寄りください!
Screenshot_20160724-214954



続いて、モンスターが出没するイオン新瑞橋店へ・・・
DSC_0086

スマホの地図上にはモンスターがイッパイいます♪
Screenshot_20160722-125448

GPSマップに従って、教室前のイオン新瑞橋店3Fのマクドナルドへ・・・
DSC_0088

イオン新瑞橋店マクドナルド周辺はモンスター出現ポイントになっています
Screenshot_20160722-124829

テーブルにモンスター出現!
狙いを定め、カプセルを飛ばしてモンスターにぶつけます!!
Screenshot_20160722-125100

見事!モンスターのキャタピーをゲット!!
Screenshot_20160722-125139

レベルが2に上がりました!
Screenshot_20160722-125921

















 

oneclickpc1 at 23:50コメント(0)トラックバック(0)最新パソコンPokemon GO 

2016年07月21日

中日新聞2016年7月21日(市民版)に自作の生徒さん(猪子石竹内新聞店 竹内さん)が掲載されました♪
竹内さんの新聞店では毎年、子供たちが1日店長として1泊で職業体験を行っています。
嬉しそうに、チラシをそろえる子供たちの姿が何とも頼もしいですね!

新聞を読む人口は年々減っていき、活字離れが進む昨今ですが、ネットのニュースでは分からない記者の現地取材に基づいた解説付きの記事が魅力で、竹内さんのアドバイスもあって、授業では当日の記事の内容を授業に取り入れ、最先端の情報を生徒の皆さんに提供させていただいています。 

img001
 

oneclickpc1 at 20:46コメント(0)トラックバック(0)生徒さんニュース 

2016年07月16日

瑞穂区安楽寺さんの依頼で、八事霊園にある安楽寺永代供養墓お盆供養会の撮影に行ってきました 
安楽寺永代供養墓では、年3回(3月・7月・9月)に遺族の方や生前申込の方と共に無料法要を行っています。
病気や遠方でご参加頂けない方の為に写真撮影を行い、インターネットを通して法要の様子をお伝えしています。
(写真はNikon DF 85mmレンズで撮影)

10時に瑞穂区妙音通にある安楽寺会館にお集まり頂きました。
往復1500円の乗合タクシー(今回から大型の1BOXカー)で八事霊園に向かい、10時20分八事霊園安楽寺永代供養墓前に到着しました。


ONE_1490


ONE_1483


ONE_1447


ONE_1401


ONE_1361


ONE_1319


ONE_1283


16

09


03



八事霊園 安楽寺永代供養墓は、名古屋の中心に位置し、5万円から入ることができます。
お墓は亡くなられた方の生き方に思いをはせ、自分の生き方を見つめ直す大切な場所です。
と同時に、個人でお墓を所有するということは、子々孫々にわたり維持管理など大きな負担を強いてしまうことも事実です。
どの地に眠るか、どんな種類の墓が良いのかも大切なことではありますが、何より重要なのは「誰に託す」かです。
安楽寺様では、お墓の維持に不安があり、購入を迷われている方を対象に、亡くなられた方々を偲ぶ場所として、交通に便利な八事霊園内に永代供養墓を建立致されました。
納骨にかかる費用は初回のみで、毎年の法要やお墓の管理も永代にわたり無料で安楽寺様が行います。
また、瑞穂区南部にお寺が所有する葬儀会館があり、互助会等事前入会不要で、どなたでも申し込みできる葬儀プラン(葬儀+お経・お布施+納骨費用含めて30万円〜)があります。
お墓の事に関して悩んでおられる方は、安楽寺住職夫妻が親身になって相談に乗っていただけるので、お気軽にご相談ください。

八事霊園 安楽寺永代供養墓 ご相談、お申込みはコチラ

oneclickpc1 at 13:52コメント(0)トラックバック(0)デジタルカメラ安楽寺永代供養墓 

2016年07月09日

7月に入り、県外から多数申し込みがあり、自作パソコンクラスへの入会者も続々と増え、休日返上で対応させています
子供自作パソコンクラス(子供のクラスのみグループレッスンを行っています)は、緑区から30分自転車をこいで通う中2のT君が最後で満席となり、このクラスへ入会希望の学生さんはキャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

右が実習用に届いたIn Win 社製のMiniITXケースで、ノートパソコンもどきの非力なコンパクトパソコンと違って、本格的な性能を持ち合わせた超コンパクトなデスクトップパソコンを組むことができます
ONE_1100

右(赤)がMicro ATXサイズで、コンパクトなマザーボードとされていますが、左(青)のMini ITXはさらに一回りコンパクトなマザーボードです。
ONE_1103

Mini ITX専用のIn Win 社製のMiniITXケースは、500mlのペットボトルと同サイズで非常にコンパクトです。
ONE_1106

In Win 社製のMiniITXケースの裏側スペースは、SSDやノートパソコン用のハードディスクが搭載できます。
ONE_1107

コンパクトなケースにMini ITXサイズのマザーボードがスッポリ収まります。
ONE_1111



パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、水冷パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
ちょっと水冷やってみたい!とか気軽な気持ちでOK! 
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもお尋ねください!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪

パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で! 

oneclickpc1 at 14:18コメント(0)トラックバック(0)自作パソコンデジタルカメラ 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ