2020年05月

2020年05月29日

教室で24時間稼働し続けている、たんぱく質の解析 Folding@home(米スタンフォード大学を中心とする分散コンピューティングプロジェクト)用の水冷パソコンの冷却水を定期交換しました。

一時的に終息した新型コロナウイルスが今後どうなるか気になるところですが、同じコウモリ由来のエボラウイルスはその後どうなったのでしょうか?
エボラウイルスの最初の発生はスーダンのヌザーラにある綿工場で1976年前の話です。
感染するとすぐに重症化し、死亡率も高いので広がる範囲は限定的なはずですが、富裕層が感染すると大都市の大型病院へ搬送されるので院内集団感染の原因ともなりました。
遠い西アフリカで起こっている対岸の火事のように思えますが、感染国のリベリアから羽田空港経由で日本に入国し、国立国際医療センターに搬送された経緯があります。
死亡者の多いアフリカのコンゴでは第10波の流行が起こっており、世界のアウトブレイクは30回以上、44年経った現在でも終息していません。
エボラウイルスに対する効果的なワクチンおよびエボラウイルス病に対する有効な治療薬はいまだ確立しておらず、治療は対症療法のみに限られています。
東京オリンピックを控え昨年末に研究用のエボラウイルス菌が持ち込まれたそうですが、たんぱく質の解析が終わらないことには、根絶できる治療薬の開発は夢のまた夢の話になりそうです。

治療薬を投与 しない 場合 の死亡率は 67%
mAb114で 34%
REGN-EB3で 29%
ZMappで49%
remdesivirで53%

今後 のエボラ治療には、効果の高かった,鉢△使用される予定ですが、採用を見送った治療薬は開発費用回収のため新型コロナウイルスの治療薬として再び使われるかもしれません。

11136155_757907540992426_1528989085620501714_o

1498143_757907550992425_239973209940169719_o




oneclickpc1 at 18:47コメント(0)自作パソコンデジタルカメラ 

2020年05月19日

お陰様で、本日当校は創業から23年目の創立記念日を迎えることができました。
新型コロナウイルスの為、休業中のままの創立記念日となりましたが、これまで支えてくださった多くの皆様に改めて感謝申し上げます。
パソコンも時代と共にスマホやタブレットに移行し、過去の遺物となりつつありましたが、コロナのお陰で自宅でのテレワーク化が一気に進み、パソコンでの作業が再び見直されるようになってきました。
特に自作パソコンでは大型モニターを2台〜4台取り付け、同時に複数の情報を見ながら作業が行えるので業務効率が違ってきます。
パソコンやスマホを通して皆様をより良い人生に導くために私どもは止暇断眠の思いで学び続けなければなりませんが、新しいことを知り受講生の皆様と知識を共有できるということは実に楽しく幸せなことです。
この先も大好きなパソコンに囲まれ、命続く限りこのやり方を貫き通して頑張って参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。



oneclickpc1 at 18:58コメント(0) 

2020年05月15日

コロナ新薬開発プロジェクト(Folding@home)の「チームoneclick」にご参加いただけますと、皆さんと一緒に達成した合計得点が表示されます。

2020年5月15日時点で「4,087,308ポイント」をチームで獲得しました!
20200515a

得点右の「See stats:ステータスを見る」をクリックするとチームの順位が出ます。
20200515b

現時点でTotal WUs(トータルユニット)は241です。
たんぱく質解析のプロジェクトを241個解析したことになります。
順位は2,691,010チーム中、90,707位です。
20200515c

「I'm folding as:」の下が「oneclick」と表示されれば無事に隊員参加です!
もし、「anonymous:匿名」と表示されていれば匿名参加ということになります。
匿名参加のままでもOKですが、パソコン教室ワンクリックの隊員としてご参加いただけるなら「Change Identity」をクリックいただき上記の設定を行ってください。
20200515d


チームoneclickとしてご参加くださる方は次の画面で以下を入力します。
Nameに「oneclick」
Team Nunberに「0」
Passkeyに「02de7535151130f902de7535151130f9」(長いのでコピーし貼り付け)
最後に「Save:保存」をクリックしてください。
20200515e



パソコンで処理する量の大小は「Power」で設定ができます。
Full:最大です。最近のパソコンであれば最大でもパソコンの動作に不自由はありません。
Medium:中度です。パソコンの使用がもたつくようなら、この設定にします。
Light:低度です。パソコンが不調で不安定なら、この設定にします。
教室のPCは常にFullですが、1台だけメモリーに不具合があるパソコンがあって、Fullでは落ちるのでLightに設定して解析を行っています。
20200515f

現時点で「Only when idle:無負荷のアイドリング時のみ作業」は、うまく動作しませんので、「While I'm working:この作業をずっと繰り返す」を選択しておきましょう。
20200515g

他の作業時に一時的にFolding@homeを停止したい場合は「Stop folding」をクリックして作業を止めることができます。
20200515h


停止する方法は次の2つです。
「Finish up,then stop」今行っている解析が終わり次第終了します。
「Stop now」今すぐ解析作業を停止します。
20200515i

作業が止まると左の丸印が緑→赤→黄色になります。
再び解析作業を始めるには「Start Folding」をクリックします。
20200515j















 

oneclickpc1 at 15:39コメント(0)新型コロナウイルスFolding@home 

2020年05月13日

新型コロナウイルスの影響で、3密を避けるためお寺の法要もオンライン化が進んでいます。
3月19日の安楽寺さんの八事霊園永代供養墓春彼岸法要では、Lineを使った法要中継を行い、Youtubeでいつでもご覧いただけるようにしています。
同会館のイベント撮影で何度かお目にかかった中川区の隋縁寺さんでもYoutubeを使った法要の中継が行われたそうです。
副住職の土井恵信(どい えしん)さんは、愛知県一宮市「養蓮寺」住職の中村 亮(なかむら りょう)
さんと「説法漫才コンビえしんりょう」のコンビを組み、楽しい歌あり、漫才ありの大人から子供まで家族で楽しめる法話活動を行っておられます。

http://pc1.livedoor.biz/archives/51917960.html


中日新聞5月12日朝刊

img001


oneclickpc1 at 09:54コメント(0)新型コロナウイルス安楽寺永代供養墓 

2020年05月11日

5月1日コロナ新薬開発プロジェクト(Folding@home)の隊員募集を始めて10日間、早くも340万ポイントを達成し、200を超える解析ユニットを処理ました!
たんぱく質解析数は、2,684,786チーム中、98,482位とプライベート参加ながら大きく順位を上げました♪
(Overall rank 98,482 of 2,684,786)
休業中の教室は水冷パソコンたちを24時間フル稼働しているので熱気でムンムンです〜

レムデシビルは、世界で150万回分が無償提供されるそうですが、重篤者の回復期間が短くなるだけで、死亡率は変わらないそうです。
治る人は早く治るので医療機関への負担は減らせるようですが、有害事象による投与の中断も無投与の2倍以上あるので、あくまでも応急処置であって、新薬開発のためには更なるたんぱく質解析の必要がありそうです。

中国でレムデシビルが本当に効くのか、製造元のギリアド社(タミフルの特許を持つアメリカ大手のバイオ製薬会社)がスポンサーとして関与せずにプラセボ対照試験(本物と偽物の薬を医師にも知らせず患者に投与)が行われましたが、本物の死亡率(13.9%)、偽物の死亡率(12.8)と有意の差がありません。
中国側からすればアメリカの薬の有効性は評価したくないのかもしれませんが、日本も参加する国際的な臨床試験では解析を製薬会社が行いますので、試験結果の公平性には疑問が残ります。
いずれにせよ、新型コロナ撲滅は、薬の効力より主導権をどの国が握るのかが重要なようですので、日本のアビガンは先頭集団の少し後を並走するしかないようですが、この事態を収束できるなら、どの国でも良から、1日も早く治療薬を発見してほしいものです♪


20200511b

20200511

20200511c

FoldingAtHome-wus-certificate-102829484 (7)



oneclickpc1 at 16:42コメント(0)新型コロナウイルスFolding@home 

2020年05月02日

昨日(2020年5月1日)コロナ新薬開発プロジェクト(Folding@home)の隊員募集を始めて早くも総勢8名、200万ポイントを達成し120を超えるユニットを処理ました!
ご参加いただいた皆様ありがとうございます♪
先ほど、アメリカの薬剤審査機関であるFDAがレムデシビルの緊急使用を承認したと発表されましたが、元々はエボラ出血熱の治療薬臨床試験で使用されていた薬剤で、何故新型コロナウイルスに効くのかメカニズムはよく分かっていません。
既存の様々な薬を投与して実験を行ってみて副作用が少なく多少の効果が有ったというだけで、そもそも日本人に使えるものなのかどうかも未確定です。
(薬の投与が無くても自然に治ったのかも知れません)
ちゃんとした治療薬の開発には、このプロジェクトが行うタンパク質の解析を急がなくてはなりません。

自作パソコンなどグラフィックボードを搭載している高性能パソコンではCPU(パソコン本体の頭脳)とGPU(追加で取り付けられたグラフィック用のCPU)で別々に解析を行います。
仮想通貨の作成(マイニング)でも活躍しているGPUはCPUを細かく細分化し、力は小さいですが多くの数の処理を同時に行えますので、タンパク質の解析でも桁違いの処理能力を発揮します!
Folding20200502a

各分散コンピューターに割り振られる仕事はWUs(Workunits:ワークユニット)と呼ばれる単位で配布され、処理したタンパク質の解析量に合わせて表彰されます。
FoldingAtHome-wus-certificate-102829484




oneclickpc1 at 18:59コメント(0)Folding@home 

2020年05月01日

みなさんのお持ちのパソコンが新型コロナウイルスワクチン開発に役立ちます!!
一度設定してしまえば電源を入れておくだけで簡単に参加できます♪
日本語で導入マニュアルを作成しましたので、パソコンを遊ばせておられる皆様、是非ご参加ください!

この新型コロナウイルス騒動を1日も早く終わらせるにはワクチンが不可欠ですが、開発には数年から数十年はかかる見通しです。
見えない敵のままでは、医療機関にできることは隔離と蘇生だけ。政府にできることも給付金を配って借金を増やすことのみ。会社では資産と社員を削り、家庭ではスネと神経がすり減ります。
いつまでもマスクに消毒で、おうちで過ごす自粛生活とはいきません。
現在あるアビガンやレムデシビルなどは、感染を無かったことにする阻害薬であって、抗体を作ってウイルスに負けない身体を作る治療薬ではありませんので、今のままでは再感染するたびに危険な薬を飲み続け、一か八かの勝負に出続けなければなりません。
新薬開発の壁となっているのは、ウイルスや人体細胞の仕組みであるたんぱく質の構造の複雑さで、砂漠の砂を1粒ずつ手に取って調べるような気の遠くなる作業です。
これを一部の研究所のコンピューター(事業仕分けで話題になったスーパーコンピューターなど)だけではなく、世界中のみんなの持っている小さなパソコンの能力を終結させ、膨大な能力で解析することでコロナ騒動を一気に終結させ人類を救うプロジェクトです。

Folding@home(米スタンフォード大学を中心とする分散コンピューティングプロジェクト)は、世界中の個人法人学校などで所有する普通のパソコンの能力を少しずつ寄せ集め新型コロナウイルスのワクチン作成の基礎となるたんぱく質のシミュレーションを行います。
皆さんの所有するパソコンは、ネットの記事などを読む際、電源が入っているのにもかかわらず何も処理をせずCPUの力を持て余していますが、このプロジェクトはそういった余剰の能力を寄せ集め複雑難解な細胞のメカニズム(ウイルスを構成するたんぱく質の構造など)を解き明かすものです。
参加は無報酬、自己責任ですが、教室のチームoneclickか匿名での参加もOKです。
現在、世界各国から2,663,635チームが参加し、世界のスーパーコンピューターTOP500台の総計をはるかに上回る能力を誇ります。
貢献度がランキング表示され、2020年5月1日現在2,663,635チーム中、教室のチームoneclickは2月末から参加し128,038位で上位5%に入っています。

基本的にインターネットを見るブラウザーで操作を行いますが、先月4月の中旬までに起きていた不具合が解消され、新型コロナウイルスの専用プロジェクトが始まりましたので、導入方法を日本語の説明を入れてご紹介させていただきます。

ご参加にあたり以下の点をご承知おきの上インストールしてください。
●ボランティア参加につき新薬が売れても報酬はありません。
●電気代は自己負担です。
●負荷がかかるぶんだけパソコンの寿命が縮まります。
●動作させながらでも普通に使えますが、不具合のあるパソコンでは最悪パソコンが起動しなくなります。
●自力で解決をできない方のご参加はご遠慮ください。
●何かあればブログのコメントに入れていただければわかる範囲でこの記事に追記しますが、授業ではないのでサポートは致しません。

参考記事

Folding@home - ウィキペディア


Folding@homeがTOP 500の全スパコンを超える2.4EFLOPSに





Folding@home参加、インストール方法は以下のサイトにお進みください。
https://foldingathome.org/


オレンジ色の「Start folding now」をクリックします。
01

緑色の「Download now」をクリックします
02

Windowsの下のリンクをクリックします。
(アップル、Linuxなどその他のPCは別のリンクが表示されます)
03

「Next」をクリックします。
04

同意する「I Agree」をクリックします。
05

「Express install」をクリックします。
06


数十秒待ちます。
07


完了の「Finish」をクリックします。
08


匿名でご参加希望の方は「Fold as Anonymous」をクリックします。
教室のチームoneclickでご参加希望の方は「Set up an identity」をクリックします。
参加方法を選択出来たら緑色の「Start Folding」をクリックします。
09

チームoneclickとしてご参加くださる方は次の画面で以下を入力します。
Nameに「oneclick」
Team Nunberに「0」
Passkeyに「02de7535151130f902de7535151130f9」(長いのでコピーし貼り付け)
を入力したら保存の「Save」をクリックします。
10

「I'm folding as:」の下が「oneclick」と表示されれば無事に隊員参加です!
もし、「anonymous:匿名」と表示されていれば匿名参加ということになります。
匿名参加のままでもOKですが、パソコン教室ワンクリックの隊員としてご参加いただけるなら「Change Identity」をクリックいただき上記の設定を行い最後に「Save:保存」をクリックしてください。
20200515d



たんぱく質の構造解析のコースを選択しますが、4月の中旬に新型コロナウイルスの専用コース「COVID-19」がメニューに追加されました。
「Any disease」をクリックし「COVID-19」を選択します。

※ご参考までにその他のコースの日本語説明を入れます。
 どのコースもすべてたんぱく質の異常から発生する病気です。
Any disease:その他の疾患
Alzheimer:アルツハイマー(認知症)
Canser:癌(がん)
Huntington's:ハンチントン病(治療法のない脳の難病)
Parkinson's:パーキンソン病(手足が震えたり自由に動かなくなる難病)
High Priority:優先度の高い疾患

11


教室のパソコンは24時間稼働で解析していますが、貢献したすべての合計ポイントは「1,806,775」で、皆さんがチームoneclickでご参加いただくとこの数字に累積されます。
「4 Hours 36 mins 2508」はこのパソコンで1つの課題を処理するのに残り4時間36分で、獲得できるポイントは2508点(AMDAthlon 240GE)となります。
左の「12105」が1日当たりの獲得ポイント予測で、この数値でパソコンの性能がわかります。
赤丸の「See stats」をクリックすると世界ランキングが表示されます。
2020年5月1日現在2,663,635チーム中、教室のチームoneclickは2月末から参加し128,038位で上位5%に入っています。
12
















 

oneclickpc1 at 14:51コメント(0)新型コロナウイルス 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ