2013年02月02日

自作パソコンを大阪から日帰り修理

大阪からパソコンの電源が入らなくなったとSOSの連絡が・・・
遠いので送ってもらうようにお願いしましたが、見せられない大事なデータがあるとのことで、パソコンを持って教室にお越しいただきました。
早速見させていただくと、電源を入れてもウンともスンともいいません。
電源スイッチのパネルを外し、裏側を見てみると配線がブラリ・・・
どうやらオーナーが自分で直そうとパネルを開けた時に、勢い余って配線を引きちぎってしまったとの事
ケースごと交換って手もありますが、せっかく自作のパソコンですから直して使うことにしました。

赤い枠が電源スイッチで、本来青い枠の配線がつながっているはずですが、完全に切れています
点みたいに小さな配線ですが、ハンダ付けで接続し、外れないように白色の樹脂でコーティングしました
haisen

配線も直ったので、早速電源を入れてみると、今度は画面が映りません
CPUなどのファンは動いているのでスイッチには問題なし
電圧を測定してみると異常な値を表示・・・
電源ユニットを新しいものに交換してみると、今度は無事に起動
05

修理は1時間ほどで終了し、その日のうちにお持ち帰り頂きました。
結局、ハードディスクをつないだ状態で画面を見ることはありませんでしたが、オーナー立会いのもと画面を見ずに修理するのは珍しいことではありません。

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で! 

oneclickpc1 at 21:01コメント(0)トラックバック(0)自作パソコン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ