2014年06月03日

MOS世界学生大会2014、喜覚君が朝日新聞(6/3号朝刊)にも掲載されました!

MOS世界学生大会2014で、Excel全国1位に輝いた喜覚君が朝日新聞(6/3号朝刊)にも掲載されました!

MOS2014asahi

パソコンの前で朝日新聞(村山遼太記者)の取材を受ける喜覚君
嬉しさから自然と笑みがこぼれます
aonE_0646

ご質問が多いので、喜覚君がエクセル日本一になった秘密を公開します。

17年パソコンを通した教育に携わり分かったことは、人間の能力に学歴や年齢は関係ないと言うことです。
あるのは、親の経済力や学校など環境と、勉強に興味を持てるかどうかの違いだけで、人種を問わず人間の能力に大差はありません。
もし、履歴書から学歴と年齢欄を削除すれば、多くのニートや失業者が救われると共に、企業側もより多くの有能な人材を発掘できることでしょう。 
私が喜覚君と同じ年の高3時代、成績は下から数えた方が早かったですが、電検3種(第3種電気主任技術者)と言う国家資格にチャレンジし取得しました。
電検3種は、第2種電気工事士、第1種電気工事士の上に位置する資格で、当時の合格率は10%(大学生を含めた学生の合格率は0.9%)以下でした。
試験科目は、〕論、発変電、A配電、さヽ、ケ用、λゝの6科目。
1科目の試験時間は2時間で試験科目は6つあり、1日3科目6時間の試験を2日間にわたって受験します。
試験はお盆明けの土日で、暑さが一番堪える頃・・・気力と体力勝負の試験です。
当時、科目合格制度は無いので、1科目でも落とすと翌年再受験と厳しい条件付きです。
実は高2で1度チャレンジしたのですが、さヽが1点足りず不合格・・・再起をかけた1年が始まりました。
頼りは書店で購入した参考書のみで、学校の授業はもちろん、周りに受ける人も、聞く人も全くいない中で、三角関数も分からない中学生程度の数学力しか持ち合わせない中での独学挑戦でした。
(無謀だからやめろと言う人が居なかったのが幸いだったかも知れません)
試験の内容は、見たこともない数式の難しい計算問題ばかりで、答えを見てもさっぱり分かりません・・・
来る日も来る日も答えをにらむ毎日が続きます。
1問解くのに1ヶ月かかる問題がいくつも続きます。
でも、不思議なことに問題と答えを毎日眺めているだけで、日に日に何となく意味が見えてきます。
用語も聞いたことのない難しい用語ばかり
架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル・・・
トリプレックス形架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル・・・
昨日食べた物はなかなか思い出せませんが、25年前に覚えた用語が今でもスラスラと出てきます。
今、もう一度電験3種を受けても受かる気がします(気持ちだけですが・・・笑)
この試験を通して学んだ事は、小手先のテクニックや人から教わった技術では、すぐ忘れ長続きしないと言うことです。
喜覚君をはじめとする、当校の学生達に教えているのは、特別な技法でなく、ただひたすら鍛錬を積み重ねることの楽しさを伝
授することです。
答えを知っていたら受かる程度の試験では、取得しても何の役にも立ちません。
答えが言えるのではなく、なぜその答えになったのか理由まで言えなければ、本当の答えではありません。
掲載日前日、朝日新聞村山記者からこんな質問の電話がかかってきました。
「昨年パワーポイント11位、エクセル19位で、何で今年はパワーポイントではなく、エクセルで勝負をかけたの?」
資格を取って有利になるとか、将来の役に立つなどの損得ではなく、当校で教えているのは難問に挑戦する楽しさです。
MOS世界学生大会のエントリーは、簡単なエクセルスペシャリスト試験と、難しいエクセルエキスパートのどちらでもエントリーできることになっていますが、喜覚君には難易度の高いエキスパートで挑戦してもらいました。
 
普通の子が普通に100回受けても100回受かる勉強法は、自分の成長を楽しむことです!
自然とより高い目標を掲げられ、
遠回りだけど、挑戦することが楽しく夢中になれます!
それが全国で1位になった秘訣です♪

以下は、喜覚君にもチャレンジしてもらいたい電験3種の過去問題です。
見た瞬間目をそらしたくなりますが、小学生程度の数学力でも、毎日、毎日眺めていると答えが見えてくるかもしれません♪

 h20



oneclickpc1 at 18:14コメント(0)トラックバック(0)生徒さんニュース | Microsoft Office Specialist 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ