2015年09月30日

東山動物園で動物の撮影レッスン♪

今日はカメラ初心者の生徒さんたちと課外授業
デジタル一眼レフカメラを持って、東山動物園に行ってきました
テーマは動物の赤ちゃんで、今年生まれたばかりのコアラの赤ちゃんやキリンの赤ちゃんを中心に回りました〜
最近のデジタルカメラは内臓のコンピューターの性能も上がり、誰でも簡単に全自動で撮影できるようになりましたが、今回はさらにカメラの性能の限界を引き出すため、マニュアル撮影に挑戦 
お天気も良く、過ごしやすい1日でした〜)^o^(
以下写真は、生徒さんが撮影

まずは、マニュアルでしか撮影できない、薄暗いコアラ舎からスタート!
生徒さん「感度に絞りにシャッタースピードに・・・・」
生徒さん「先生シャッターが押せません
講師の私「カメラの電源が入ってませんよ
東山動物園2015 (2)

1歳に満たないコアラの赤ちゃんは、お母さんコアラから離れません。
東山動物園2015 (3)

スマホで撮影してる方も多く見受けられましたが、コンパクトデジカメでも、暗くって小さくって綺麗に写りません
こういった条件下では、一眼レフの威力が十分に発揮できますね
東山動物園2015 (7)

フルサイズのNikon Df でも、全自動モード(プログラムのP)では、ボケボケでうまく写りません。
事前に勉強したマニュアルの設定値に合わせてパシャリ
東山動物園2015 (9)

コアラは日中、ほとんど眠ってて動かないので、高速連写モードでコマ撮りし、決定的な瞬間を逃がしません!
東山動物園2015 (10)

今年7月29日に誕生したアミメキリンの赤ちゃんと、お母さんキリンの2ショット
誕生から2ヶ月たち、檻の外で元気に走り回るようになりました
東山動物園2015 (11)

こども動物園エリアの「小鳥とリスの森」
閉鎖された施設内にリスたちが放し飼いされてるので、間近に触れ合うことができます
じっとカメラを構えていると、リスが体に登ってくることがあり、愛嬌たっぷりです
Nikon Df + Nikon400mmで撮影(ニホンリスのヒゲもしっかり撮れてます)
東山動物園2015 (5)

トラは、手前の檻がボケるようにイッパイまでズームし撮影
東山動物園2015 (4)

小さなヒョウを連想させるツシマヤマネコ
東山動物園2015 (12)

夕方、閉園間際に噴水を撮影
太陽が沈みかけると、白い光が和らぎ、鮮やかな緑の色が映えてきます
東山動物園2015 (14)

岐阜県白川村から移築した合掌造りの家
おしゃれな藁靴(わらぐつ)が置いてありました
東山動物園2015 (15)

隣ではツクツクボウシが鳴いていましたが、秋はスグそこです♪
東山動物園2015 (16)

カエデの木漏れ日。11月には真っ赤に色づきます
東山動物園2015 (13)



oneclickpc1 at 20:58コメント(0)トラックバック(0)デジタルカメラ | パソコン授業風景 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ