2016年02月20日

瑞穂区安楽寺へ法話の撮影に伺いました

瑞穂区安楽寺では毎月様々なお寺の方々による法話が行われますが、2月は愛西市真宗大谷派の明通寺 北条義信住職によるお話で、安楽寺会館でのイベントに引き続き撮影に伺いました。
お寺でイベントがどの様に行われたか、安楽寺後継者に代々にわたり伝えられていくよう記録写真と動画に収めさせていただいておりますが、一部をご紹介させていただきます。
(以下写真はNikon Df で撮影、Photoshop CC2015 で編集)

安楽寺では、鐘が撞かれ法話の開始が告げられます。
訪れる方々は、為麿塚(入り口にある小さな祠)に手を合わせ本堂へ入ります。
ONE_9878

法話の前、安楽寺住職、副住職によりお経が唱えられます。
ONE_9909

お経が唱えられてる間、席に座ったまま順に焼香をします。
ONE_9917

経本の無い方にはお寺から貸し出されます。
ONE_9936

お経に続き、副住職により御文(浄土真宗本願寺八世蓮如上人の手紙)が朗読されます。
ONE_9939

御文朗読の後、安楽寺住職による挨拶がありますが、終始和やかな雰囲気に包まれます。
ONE_9951

2月は愛西市(旧佐屋町)のお寺からお越しいただいた、真宗大谷派 明通寺 北条住職による法話です。
北条住職は今なお東日本大震災の復興にも尽力され、宗教の枠を超え社会問題にも取り組まれています。
今月はバレンタインデーということもあり、チョコレートの話題からTPPまで、身近な話題をテーマに楽しく講義されました。
ONE_9959

お昼は、手作りのお斎(おとき:法事や法要の後のお膳)が振る舞われましたが、男性は北条住職と私だけ・・・混ぜご飯はすべて北条住職がお櫃からよそって下さり、私が配膳させていただきました(笑)
ONE_9984

北条住職を囲み皆で楽しく昼食会(^^♪
住職の隣は私の席で、ちょっと緊張しましたが、気さくに何でもお話しくださり楽しいひと時でした〜
法話にはどなたでもご参加できるそうですが、昼食を一緒にご希望される方は配膳の関係上事前にご予約下さい。
ONE_9993




oneclickpc1 at 13:09コメント(0)トラックバック(0)安楽寺永代供養墓 | デジタルカメラ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ