2016年11月30日

超耐久性重視、業務用マザーボードを使って自作パソコンレッスン

せっかく組立てたパソコンがすぐ壊れるのはショックですね・・・
ましてや仕事で使用するとなると、パソコンの不調は業務が止まってしまい大きな損失です。
そこで、今回のパソコン自作レッスンでは、「壊れないパソコン」作りをテーマに、業務用で使われ、わずかな差額で手に入る、耐久性の高いマザーボードを使ったパソコン組立レッスンを行いました。 

パソコンは大きく分けると、コンシューマモデル(一般用)とワークステーションモデル(業務用)に分かれますが、ヤマダ電機やエディオンなど一般的に売られているパソコンはすべてコンシューマモデルです。
どちらも同じCPUやメモリーが搭載できますが、何が違うのか一言で言うと耐久性です。
コンシューマモデルは1日8時間で週5日稼働が想定ですが、ワークステーション用モデルは24時間ノンストップで使うことを前提に作られており、車で言えば10万キロ走る自家用車に対して、100万キロ以上走るダンプや観光バスのようなものです。
家庭で使用するのには贅沢な部品ですが、故障して1からセットする手間暇を考えると耐久性の高さは大きな安心感につながります。
実習では、チップセットの違いや使用されている電子部品など、どれほど耐久性に優れているのかを学びました!

写真は実習で使用した、Gigabyte社のProシリーズ(X150M-PRO ECC)とCorsairの8GBメモリー(DDR4 2666Mhz)
ONE_3832

(GIGABYTE プロフェッショナル・マザーボード紹介)
GIGABYTE プロフェッショナル・マザーボードは、耐久性や信頼性を重視するユーザーに最適です。

国産パソコンを含め、ほとんどのマザーボードは中国製ですが、GIGABYTEの台湾南平工場にて、最新の品質保証基準で製造されたマザーボードは耐久性や信頼性に優れています。

GIGABYTE Ultra Durableマザーボードが市場のあらゆる機器と互換性を保つように、R&D段階にて様々な互換性テストを行っています。これにより、互換性および長期使用時における耐久性を確保しています。

業務使用のパソコンユーザーにとって、システム故障は業務上の損失となります。GIGABYTE最先端の品質保証とテスト体制により、GIGABYTE プロフェッショナル・マザーボードは常に信頼できます。
 

oneclickpc1 at 13:15コメント(0)トラックバック(0)自作パソコン | 最新パソコン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ