2020年01月08日

安楽寺新聞第37号が出来上がりました♪

毎年、新年がスタートすると同時に安楽寺住職と二人三脚でお寺の新聞作りが始まりますが今回で37号目です!
まずは安楽寺住職がワードでA4サイズ4ページの原稿を作成し、教室でインラストレーターでA3見開きに仕上げるのですが、13日の為麿塚法要までに間に合わせるため編集は夜を徹して行わなければなりません。
今年も1月7日(火)の夜10時に原稿を受け取り、入稿期限の翌朝の8日(水)午前10時ギリギリに完成!
夜の授業終了から翌朝の授業まで12時間しかありませんが、何とか間に合うよう身体にムチ打ち徹夜で頑張りました〜
昨今は宗教離れが加速し、先祖のお墓を手放し合同の永代供養墓へ引っ越しされる方々が増え続ける一方ですが、「お墓選び」は宗派や値段ではなく「お寺選び」ではないかと思います。
宗教の話が中心ですので少々難しいですが、原稿はすべて安楽寺住職の手作りで熱い思いが込められており、住職の仏教へ取り組む真摯な姿が文中からも良くわかります。
100年先、200年先の方々に今の住職がどのような思いでお寺を運営されていたか伝承できるようこれからも連載を続けて行きますので、これからお墓をどうしようか検討中の方にも是非ご覧いただければと思います。

安楽寺新聞全37号すべてネットでお読みいただけます。

安楽寺新聞37号


安楽寺さんの永代供養墓は初期費用(5万円〜)のみで毎年の管理費(護寺会費)や無用なお布施は必要ありません。
ご先祖様の供養は手厚くしたいけど後々の負担を考えてお墓を迷われている方は、一度ご相談されてはいかがでしょうか?
八事霊園安楽寺永代供養墓のご相談やお申し込みはコチラ



oneclickpc1 at 16:52コメント(0)生徒さんニュース | 安楽寺永代供養墓 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ