Folding@home

2020年05月15日

コロナ新薬開発プロジェクト(Folding@home)の「チームoneclick」にご参加いただけますと、皆さんと一緒に達成した合計得点が表示されます。

2020年5月15日時点で「4,087,308ポイント」をチームで獲得しました!
20200515a

得点右の「See stats:ステータスを見る」をクリックするとチームの順位が出ます。
20200515b

現時点でTotal WUs(トータルユニット)は241です。
たんぱく質解析のプロジェクトを241個解析したことになります。
順位は2,691,010チーム中、90,707位です。
20200515c

「I'm folding as:」の下が「oneclick」と表示されれば無事に隊員参加です!
もし、「anonymous:匿名」と表示されていれば匿名参加ということになります。
匿名参加のままでもOKですが、パソコン教室ワンクリックの隊員としてご参加いただけるなら「Change Identity」をクリックいただき上記の設定を行ってください。
20200515d


チームoneclickとしてご参加くださる方は次の画面で以下を入力します。
Nameに「oneclick」
Team Nunberに「0」
Passkeyに「02de7535151130f902de7535151130f9」(長いのでコピーし貼り付け)
最後に「Save:保存」をクリックしてください。
20200515e



パソコンで処理する量の大小は「Power」で設定ができます。
Full:最大です。最近のパソコンであれば最大でもパソコンの動作に不自由はありません。
Medium:中度です。パソコンの使用がもたつくようなら、この設定にします。
Light:低度です。パソコンが不調で不安定なら、この設定にします。
教室のPCは常にFullですが、1台だけメモリーに不具合があるパソコンがあって、Fullでは落ちるのでLightに設定して解析を行っています。
20200515f

現時点で「Only when idle:無負荷のアイドリング時のみ作業」は、うまく動作しませんので、「While I'm working:この作業をずっと繰り返す」を選択しておきましょう。
20200515g

他の作業時に一時的にFolding@homeを停止したい場合は「Stop folding」をクリックして作業を止めることができます。
20200515h


停止する方法は次の2つです。
「Finish up,then stop」今行っている解析が終わり次第終了します。
「Stop now」今すぐ解析作業を停止します。
20200515i

作業が止まると左の丸印が緑→赤→黄色になります。
再び解析作業を始めるには「Start Folding」をクリックします。
20200515j















 

oneclickpc1 at 15:39コメント(0) 

2020年05月11日

5月1日コロナ新薬開発プロジェクト(Folding@home)の隊員募集を始めて10日間、早くも340万ポイントを達成し、200を超える解析ユニットを処理ました!
たんぱく質解析数は、2,684,786チーム中、98,482位とプライベート参加ながら大きく順位を上げました♪
(Overall rank 98,482 of 2,684,786)
休業中の教室は水冷パソコンたちを24時間フル稼働しているので熱気でムンムンです〜

レムデシビルは、世界で150万回分が無償提供されるそうですが、重篤者の回復期間が短くなるだけで、死亡率は変わらないそうです。
治る人は早く治るので医療機関への負担は減らせるようですが、有害事象による投与の中断も無投与の2倍以上あるので、あくまでも応急処置であって、新薬開発のためには更なるたんぱく質解析の必要がありそうです。

中国でレムデシビルが本当に効くのか、製造元のギリアド社(タミフルの特許を持つアメリカ大手のバイオ製薬会社)がスポンサーとして関与せずにプラセボ対照試験(本物と偽物の薬を医師にも知らせず患者に投与)が行われましたが、本物の死亡率(13.9%)、偽物の死亡率(12.8)と有意の差がありません。
中国側からすればアメリカの薬の有効性は評価したくないのかもしれませんが、日本も参加する国際的な臨床試験では解析を製薬会社が行いますので、試験結果の公平性には疑問が残ります。
いずれにせよ、新型コロナ撲滅は、薬の効力より主導権をどの国が握るのかが重要なようですので、日本のアビガンは先頭集団の少し後を並走するしかないようですが、この事態を収束できるなら、どの国でも良から、1日も早く治療薬を発見してほしいものです♪


20200511b

20200511

20200511c

FoldingAtHome-wus-certificate-102829484 (7)



oneclickpc1 at 16:42コメント(0) 

2020年05月02日

昨日(2020年5月1日)コロナ新薬開発プロジェクト(Folding@home)の隊員募集を始めて早くも総勢8名、200万ポイントを達成し120を超えるユニットを処理ました!
ご参加いただいた皆様ありがとうございます♪
先ほど、アメリカの薬剤審査機関であるFDAがレムデシビルの緊急使用を承認したと発表されましたが、元々はエボラ出血熱の治療薬臨床試験で使用されていた薬剤で、何故新型コロナウイルスに効くのかメカニズムはよく分かっていません。
既存の様々な薬を投与して実験を行ってみて副作用が少なく多少の効果が有ったというだけで、そもそも日本人に使えるものなのかどうかも未確定です。
(薬の投与が無くても自然に治ったのかも知れません)
ちゃんとした治療薬の開発には、このプロジェクトが行うタンパク質の解析を急がなくてはなりません。

自作パソコンなどグラフィックボードを搭載している高性能パソコンではCPU(パソコン本体の頭脳)とGPU(追加で取り付けられたグラフィック用のCPU)で別々に解析を行います。
仮想通貨の作成(マイニング)でも活躍しているGPUはCPUを細かく細分化し、力は小さいですが多くの数の処理を同時に行えますので、タンパク質の解析でも桁違いの処理能力を発揮します!
Folding20200502a

各分散コンピューターに割り振られる仕事はWUs(Workunits:ワークユニット)と呼ばれる単位で配布され、処理したタンパク質の解析量に合わせて表彰されます。
FoldingAtHome-wus-certificate-102829484




oneclickpc1 at 18:59コメント(0) 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ