RADEON

2010年01月19日

市販パソコンにはほとんど取り付けられていないグラフィックボードですが、ブルーレイやハイビジョンカメラなど高画質で重たい動画の処理が問題となり低性能パソコンでは映像がパラパラマンガ状態・・・
明日以降各社から発売される新モデルの上位機種にもこのグラフィックボードが搭載されるようになり動画再生の問題が解決されています。

グラフィックボードには大きく分け上・中・下の3ランクあり、富士通やNECなどの上級機種に搭載されているのは 下 のランク品ばかりですが、それでも取り付けない場合に比べ10倍以上の性能アップが期待でき、コストを考えると妥当な選択だと思います。
自作レッスンで扱ったグラフィックボード(下の写真)は上の上で最上級品!
車で言えばフェラーリに相当しますね
性能もサイズも超ド級でミドルタワー型のパソコンでも収まりきりません
今回はこのグラフィックボードを更に2つ追加できるようギガバイトのUD6をチョイス

Windows 7で採用されるDirectX11に完全対応!、
今までのハイエンドグラフィックスの2倍にも及ぶ高い処理性能を発揮する最上位モデルATI Radeon HD5870

年末年始は入手困難で幻のグラフィックボード〜
ズッシリ重いグラフィックボードは手にしているだけで笑みが・・・
これ1台でパソコン一式の値段を超え発熱量もパソコン全体の2倍

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!

左側に巨大モニターが同時に3台付けられます
DSC_5126













2系統の電源(右下黒端子)をつなぎ左の排気口(赤)から吹き出る熱風が性能の高さを感じさせます。
DSC_5128



oneclickpc1 at 11:34コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ