2006年08月28日

パソコンの自作本はたくさん出版されていますが、なぜかどの本にも電源装置(各部品に電気を送る装置)に付いて核心の部分が書かれていないのでこの場をお借りして詳しく解説します。

電源装置

←パソコン本体を後ろから見て電源ケーブルが差さっているのが電源装置です
右の赤や黄色の線がDVDやハードディスク、マザーボードなとにつながり電気を送っています
写真は350Wで5000円程度

 

 

 

前回の記事でパソコンの消費電力は100〜130Wとありましたが、自作でパソコンを作られた方はお気づきでしょうが実際に講座で搭載した電源装置は350Wや400Wでした。
この数値は実際に消費される電気ではなく、ここまで使用できると言う限界値で、実際に消費される電力(電気代)とは関係がありません。
電源装置は主に300W、400W、500W、600W、700Wと幅広く、価格も3千円から3万円までピンキリなのですが、一体自分のパソコンはどれを買えば良いのでしょうか?
結論から言うと現行の国産パソコンの性能の場合300Wで全ての機種が動きます。
一番電気を食うと言われているペンティアムD900番台の場合CPU単体で95〜130Wなのですがこれにハードディスク20WとDVD10W、マザーボード70Wを足して約200Wの消費電力です。これに3割の安全率をかけても300Wで十分動きます
ではなぜ400W以上の電源が売ってるのでしょうか?
答えはグラフィックボード(画面の表示を早くする為の装置でゲームや2モニターに利用)です
次期ウインドウズビスタはこれが付いてないと快適に動かないようですが、性能により消費電力も大きく左右されます。
一番電力を消費する最上級グラフィックボード(Geforce7950約9万円)の場合これ単体で130Wの電気を消費し、これを1枚(板状なので枚と数える)だけでなく2枚、4枚と付けて使用する場合があるので、それに合わせて電源を選択します。
もし仮にこれを2枚付けた場合は200Wに130W×2枚で合計460W、これに3割の安全率を入れると460×1.3倍=600Wの電源が必要と言う事になります。
ただ一般的なグラフィックボード(1万円程度)でしたら消費電量はプラス50W程度なので400Wの電源で十分でしょう〜
電気代も一番高いペンティアムDにグラフィックボードを付けても前回のセレロンDモデルの2倍と言った所でしょうか〜
但し、電源が粗悪品であったり古くなって性能が落ちている場合はパソコンの動作が不安定になるので注意が必要です。

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!




oneclickpc1 at 00:02コメント(0)トラックバック(0)パソコントラブル 

2006年08月22日

「パソコンの電気代っていくらぐらい?」ってご質問が多いのでお答えします

パソコンの種類や性能によって大幅に変わりますが参考モデルとして前回の記事のホワイトレッドモデル(セレロンD+液晶17インチディスプレイ)の場合

パソコン本体   70W〜100W
液晶ディスプレイ 30W
---------------------------------------
合計消費電力  100W〜130W

と言うことで電源入れてホームページを眺めているだけなら約100Wの電気を消費していることになります
100Wと言われてピンと来ない方の為に

トイレや風呂の電球40〜60W
部屋の蛍光灯照明(丸い)70W
コーヒーメーカー600W
電気ポット、掃除機1000W
エアコン700〜1200W

と言った具合に熱を発生させる家電製品の10分の1ぐらいの電気代です
一般家庭の場合1000Wの電気器具を1時間使用すると16円の電気代ですから上記パソコンの場合1時間使って1.6円と言う計算になります
1日1時間の利用で1ヶ月を30日で計算すると

1.6円 × 30日 = 48円

と言う計算です
意外と電気食ってないんですね〜

ちなみにパソコンで音楽を聴いたりして画面を見ない場合、ディスプレイの電源を消せば30%の省エネになります
但し、電源が消えてると思って電源ボタンを押さないように注意して下さいね

今週のレッスン時にパソコンの電気代を電力測定器で実際に計測してみましょう

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!



oneclickpc1 at 05:49コメント(0)トラックバック(0)パソコントラブル 

2006年08月14日

本日はホワイトレッドボディーに光物のキーボードマウスで作成してみました
17インチモニター付きで予算はトータル8万円円程度

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!

白ケース1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白ケース2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白ケース3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白ケース4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



oneclickpc1 at 19:39コメント(0)トラックバック(0)自作パソコン最新パソコン 

2006年08月12日

本日は午後3時に仕事を切り上げ株の授業で皆さんと買ったエイベックス株の株主優待で夏の野外コンサート(Aネーション)に当ったので行ってきました

Aネーションとは1枚のチケットで何組も豪華アーティストのライヴパフォーマンスを楽しめ2002年の第1回開催以来、毎年20万人以上、過去4年間で累計125万人以上を動員し、国内唯一にして最大級の超大型野外ライブで、今や“5大夏フェス”のひとつとして数えられるまでになりました。
3月末の決算時に株主になっていると全国5会場7公演で開催されるライブのペアチケットが抽選で当ります!

早速行ってみた感想ですが、まず会場に入る所から一般とは違う関係者専用のブースに案内され株主専用受付が有りチケットを受け取ります
会場に入るとステージは遥かかなたで人の水平線の向こうに舞台がかすかに見える程度です
そこからチケットを片手に歩くこと10分以上案内されたのは一般は立ち入れない株主専用の最前列ブロックしかも前から4列目なのでホントに良く顔が見えファンなら泣いて喜ぶ席でした
今年外れた方は来年是非応募して下さいね
まだ株を持ってない方は是非株を買って来年は一緒に行きましょう

今日印象的だったアーティストはDJ OZMAです
DJ OZMAというのは氣志團の綾小路翔(学ラン着た暴走族の様なグループのボーカル)ですが、チャラチャラした外見とは裏腹にみんなを盛り上げるプロのエンターテイナーの底力を感じました
何で急に氣志團が売れたのかライブを見て分かりました!演出さすがですね
DJ OZMAはどんな人かと言うとこんな人です
で、ライブはこんな感じ
でも、最後の浜崎あゆみの盛り上がりには王者の貫禄を感じました
まだまだエイベックスは飛躍しそうな感じがします

株価情報:7860 エイベックスHD

8月11日現在 株価 2410円で100株単位での購入になりますので241,000+数百円の手数料で購入できます
3月末の決算期に100株持っていれば年当り4000円の配当金、オリジナルグッズ(CD,DVDなど)東京で行われる株主総会コンサート、そして今回の野外ライブがペアで当ります
チケット価格は2名で15600円ですが、最前列の場所を考えると10万円の価値があるのではないでしょうか〜
さらに決算月が過ぎ株価が上がったところで売れば差額が利益に
そして、来年3月末にもう一度株を買ってライブに行く
って感じです
詳しい話はインターネット株入門講座で行いますのでご興味がある方は是非参加して下さいね

 

2006年8月12日(土)
時 間
開場:13:00 / 開演:15:00 / 終演:20:30
会 場
愛知県:ポートメッセなごや野外特設会場
■ 出演アーティスト
TRF・hitomi・Every Little Thing・浜崎あゆみ・倖田來未・ロードオブメジャー・鈴木亜美・東方神起・
AAA and more...
■ サプライズアーティスト
T.M.Revolution・DJ OZMA・mihimaru GT
■ オープニングアクト
SEAMO・玉木 宏(山内一豊弟役)・MAY
■ パワーステージ出演アーティスト
Chokesleeper・東京プリン・TRAX・ミサイルイノベーション・山本サヤカ

anation

 

 



oneclickpc1 at 23:06コメント(0)トラックバック(0) 

2006年08月10日

前回の黒赤ゲーマーモデルに対してコチラはワインレッドで落ち着いたボディーカラー
写真では真っ赤に見えますが、実際はワインレッドでキーボード、マウスも同色でとても落ち着いた雰囲気です
本体内部には専用温度計が設置され、中央に見える黒い部分にCPU、ハードディスク、ケース内の3箇所の温度がデジタル表示されるのでリアルタイムにパソコン内部の健康診断ができます
3点セットに交換料金を含めて、これから新たに自作される方は+12000円で、すでに自作したマシンから入れ替えの方は+15000円でドレスアップできますよ
入れ替えでもレッスン内の2時間もあれば十分OKです
教室に展示品があるので是非見て下さい

レッドボディー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は以下の温度が正面パネルで確認でき故障をリアルタイムに予測できる
CPU:CPU温度
HDD:ハードディスク温度
VGA:グラフィックボード温度

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!
 

温度計

 

 

 

 

 

 

 

 



oneclickpc1 at 18:01コメント(2)自作パソコン最新パソコン 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ