2021年05月

2021年05月24日

愛知県でも集団接種が始まり、かかりつけでのワクチン接種の予約受付が始まりました。
ファイザー製やアストラゼネカ製など「有効率95%」と聞くと、ワクチンを2回打てば「100人中95人がウイルスにかからない」と思いがちですが、事実は皆さんが想像していることとはまったっく異なります。

実際の有効率の計算は・・・

計算しやすいように有効率90%で見ていきますと
100人中で
ワクチンを打たなかった場合の感染者数:10人
ワクチンを打ったあとの場合の感染者数:1人
であった場合、感染者の割合が10人が1人と9割減ったので、有効率は90%と言うことになります。
この場合、100人中で感染者数が9人減るので、打てば約10人に1人が助かる計算になります。
これだけ見ると、100人中で感染者数は1人に減るわけですから良いように見えますが、問題は有効率の計算の対象に100人が入っていないと言ことです。

例えば、感染力の弱いウイルスの場合、10,000人中で
ワクチンを打たなかった場合の感染者数:10人
ワクチンを打ったあとの場合の感染者数:1人
であった場合も、10人が1人と感染者の割合が9割減ったので、有効率はまったく同じ「有効率90%」と言うことになります。
この場合、10000人中で感染者数が9人減るだけなので、打っても約1000人に1人助かるだけの計算になります。
不思議なことに、打ったあとの人の感染者数が打たなかった人の数を上回ると、有効率はマイナスで表示されます。

これを、これまでの日本の感染者数の累計に当てはめて見ますと、仮にすべての国民が有効率95%のワクチンを2回接種し終えてる場合

日本の総人口 1億2千500万人中で
ワクチンを打たなかった場合のこれまでの感染者数:70万人
ワクチンを打ったあとの場合の予想される感染者数:3万5千人
となり、66万5千人の感染者を減らすことができた計算になりますが、1年の歳月をかけて減らせる感染者数は、1年積み重ねても人口のわずか5%が減るだけの計算になります。



oneclickpc1 at 16:54コメント(0) 

2021年05月19日

お陰様で、本日当校は創業から24年目の創立記念日を迎えることができました。
昨年に引き続き、本年度も新型コロナウイルスの為、休業中のままの創立記念日となりましたが、これまで支えてくださった多くの皆様に改めて感謝申し上げます。

愛知県では新型コロナウイルスの第4波が到来し、緊急事態宣言も全国に広がりつつあります。
当校では、ご高齢や病気療養中の生徒さんも多くおられることから、人命を第一に感染拡大を防ぐため、宣言中は休校とすることに致しました。

世界の感染者数:164,619,002名
世界の死亡者数:3,413,336名
日本の感染者数:699,931名
日本の死亡者数:11,900名

世界では感染した48人に1名、日本では59人に1人がお亡くなりになっている計算です。

「コロナウイルスはただの風邪!」「マスクの効果はエビデンス(証拠)がない!」とのご意見もありますが、データーは収集中なので結果は誰にも分かりません。
だからといって、人の命がかかっていることなで、後になって違っていたでは済まされません。
昨年の今頃を思い出してみますと、感染は寒い時期に広がると言われ、北半球のアメリカやイタリアなどが中心でした。
インドではカレーを毎日食べているので免疫が強く、インド人は感染しにくいなんて言われていましたが、今やインドでは1日の感染者数が40万を超える大惨事です。
また、パソコンの聖地台湾では「天才」IT担当大臣オードリー・タン の素早い対応でコロナを完全に封じ込め勝利宣言をし、参加が認められなかったWHOからも復帰の声もささやかれています。
しかし、現実は鎖国をしていただけで、国際線パイロットの待機期間を縮めたことで、市中感染が広がり、昨日から商業施設はもちろん、学校までもが閉鎖される緊急事態となってしまっています。
つまり、この新型コロナウイルスは空港を閉鎖し自国だけ封じ込めたように見えても、軍人や軍施設の建設作業員などが特例で検疫を潜り抜け入出国を繰り返している以上は終わってはいません。
世界のどこか1か所でも感染が拡大していれば勝利宣言はできないと言うことです。
私は四半世紀近くパソコンと向き合い教室を営んできましたが、コンピューターウイルス歩みも新型コロナウイルスとそっくりであると感じています。

写真は今年5月1日に台湾の結婚式場で開催されたダライ・ラマ14世の世界同時法要お様子で、私はパソコンパーツメーカGigabyte社で知り合った方からご招待をいただきましたが、伺うことはできずリモートでの参加でした。
この日、コロナ勝利宣言していた台湾での感染者数はゼロでした。
集会には多くの人が密になっており、2週間後には緊急事態宣言に入るとは誰も予想していませんでした。
taiwan

原因はどこにあるのでしょうか?

〜杼力の欠如が感染拡大を招く。
移した方でなく、移された側に責任が求められる。
F団蠅離拭璽殴奪箸謀を絞って攻撃できる。
と反佑瞭団蠅鷲垈椎修如一度野に放てば勝手に増殖し攻撃を続ける。
ゴ鏡で混乱が生じれば、被害者側が第3者からも容赦なく攻撃を受ける。

これらコンピューターウイルスと新型コロナウイルスの共通点は、自然発生したものではなく、人為的に作り出された兵器だということです。

‖莪貅\こβ臉錙Д疋ぅ跳海初めて使用した化学兵器による戦争。
第二次世界大戦:アメリカ軍が初めて使用した核兵器による戦争。
B荵絢\こβ臉錙中国から始まった生物兵器による戦争の始まり?
ぢ荵夕\こβ臉錙Цえない敵から始まったサイバー兵器による戦争の始まり?

,鰐椶砲聾えない敵にやられます。
△鰐椶妨えた時にはやられています。
は目には映らずやられます。
い鰐椶砲聾えない速さでやられます。

どれも、コンピューターウイルスの進化そのものと言えますが、新型コロナウイルスの進化のスピードは戦争兵器の進化の100〜200倍の速さで変化し、100年かけて起きてきたことが、1年から半年の周期で発生しています。
ここで肝心なのはどちらも特定の相手のみを狙って攻撃できるということです。
第3波や第4波など波に例えて言われていますが、次の波までの期間が短いので延長線で同じ波に感じますが、各波はまったく別物と考えた方が良いでしょう。
日本人は欧米やインド、ブラジルに比べて50〜100分の1の感染者数と言われていますが、これはターゲットにされていないからだけのことです。
人間を含め動物は遺伝子情報であるDNAを受け継ぎながら存続していますが、新たな環境に適応するため、DNAをアップデートする役割がウイルスになります。
救世主のように誕生したワクチン接種は、Windowsに例えると、単にアップデートを止めてしまうということです。
「接種したから何かが起こるのか?」が問題なのではなく、「何も起こらないようにして、子々孫々がこの先の時代に対応できるのか?」が問題なのです。
パソコンに例えれば、インターネットの線をハサミで切って「Windows7のままでずっと使い続けて良いのか?」と言うことになります。

当校では、この先、時代の流れを先読みしながら授業を行ってきましたが、この1年で「どうすれば良いか?」の時代は終わり、「何をすれば良いか?」のステージに入りました。
これまでは、親に言われた通り塾に通い、1つ高みで学生生活を送りながら、部活やボランティアをこなし、1つでも資格を取って大手に就職し、異性に惑わされることなく自分の時間を守りつつも、定年までじっと会社にしがみつき、理不尽なことに目をつむって相続の日を待ち生きることが良しとされてきました。
しかし、新型コロナウイルス出現で、すべてが一瞬にして崩れ去りました。
何が変わったのか、説明するまでもありませんが、昨日までやってきたことでは歯が立たず、新たに自分で考えたことを積上げなければいけないという時代に入ったということです。

これまでは:自分を磨いて光っているだけで何となく生きていけた。
これからは:自分を研いで時代を切り開く力を身につけないと生きていけない。

新型コロナウイルスのワクチン接種1つとってみても、早く打てなければ助かる命も助からない生死を分ける大問題です。
ITなど情報機器の弱者であっては、この先、生き残れない時代が到来したことを如実に表しています。

教室の役割も大きく転換します!
これまでは、どすれば良いのかのカリキュラムを皆さんに教えることが主体でしたが、新しい時代を見据え、お一人お一人が自分の持つ潜在能力を最大限に使って、これから何をすれば良いのかを一緒に考え、この難局を制覇していきましょう!!



464686_s





oneclickpc1 at 09:10コメント(2)パソコン授業風景 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ