2007年01月14日

パソコンで楽しむ音楽の世界

教室を始める少し前はパソコンにCD自体が付いておらず音楽と言ってもブザーが鳴る程度のパソコンが多くビジネス向けのモデルはスピーカー自体付いていませんでした。
それまではパソコンで音楽を聴くのにサウンドボードと言う音を鳴らず部品を付けなければならず、これが結構高価で設定が難しく(もちろん英語)一部のマニア向けの楽しみ方だったのです。
その後ウィンドウズ3.1(1993年)が登場しマウスでパソコンが操作できる手軽さから一気にパソコンブームが巻き起こりました。
各メーカーはそれまでのビジネス路線から一家に一台の家電パソコンへと販売路線を切り替え、CDチェンジャー(CDが何枚も入る)、テレビチューナー、パソコン通信機能をオプションで後付搭載しマルチメディアパソコンとしてシフトしていきました。
その後、各機器の相性や設置スペースの問題から、これら後付機器がすべてマザーボード内に組み込まれ、今ではどんな安いパソコンでも音楽等のマルチメディア機能を標準で搭載するようになりましたが、メーカーは激化する価格競争から最低限の性能に落とし他社よりも少しでも安く販売する様になりました。
中でもスピーカーは音が出れば良いだけの簡素なもので、再生する側の音の出力もそれに合わせた最低限の物になってしまっています。


そこで、今週のレッスンテーマは「パソコンで大迫力サウンドを楽しもう♪」です
ちょっと手を加えるだけで高級コンポ並みのステレオに大変身
いつも聞いてるはずの曲がまったく別の次元の曲に聞こえます
良い音楽を聴くとやる気も出て気分もリフレッシュします

下の写真が音を作り出す機械です。デルなど低価格重視のモデルでは最低限のスピーカーを鳴らすだけの音しか出力できないので、スピーカーだけ良い物に取り替えても良い音が出ません!そこで後付するのが下のサウンドボード!価格は1万円程度ですが驚くほどクリアで迫力のある音を作り出します

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!


サウンドボード

 

 

 

 

 

 

 

 

スピーカーも5千円程度から高音質の物が選べます!
サウンドボードと組み合わせるとさらに大迫力音響が
教室にて体感して下さい

 

スピーカー



oneclickpc1 at 16:17コメント(0)トラックバック(0)自作パソコン | パソコン授業風景 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ