2007年02月14日

似て非なるもの?

自作パソコンでは写真のコア2デュオが主流になりつつありますが、富士通製を始め国産パソコンの中でも最高機種にこのCPUを搭載するようになりました。
でも、富士通のカタログを見ると「コア2デュオの型番が4300!?」
「確か授業で習ったのは6300番からしかなかったはず〜?」
とお思いの生徒さんも少なくないはずです
そうなんです!4300は正式に販売されたのは1月(6300は去年の夏)で一般には流通していないのです。
中身を良く見ると6000番台のCPUは1066Mhzで動作しているのに対し、4300番は800Mhz。
旧世代のペンティアム4やDが800Mhzですから同じコア2の名前を語って売るのはいかがなものかと思いますが、買う方は何も知らなくても動けばいいのかな〜なんて思います
これがチーズケーキやシュークリームなら大問題になっている事でしょうが、パソコンやってオナカが痛くなることもありませんし、地デジ+リモコンでテレビパソコンとして使うならどんなCPUでもOKなのでしょうね〜

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!
 

コア2



oneclickpc1 at 20:03コメント(0)トラックバック(0)自作パソコン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ