2007年11月19日

データー消失!?ハードディスクの2重化安全対策

パソコンでもっとも壊れやすく壊れると一番困るのがハードディスクです。
デジタル部品でありながら磁気ディスクが高回転で回っているアナログ部品である為、使うほどに消耗しある日突然動かなくなる・・・
車で言えば「タイヤ」みたいな存在で使い込むほど減りいつパンクするか分かりません。
この大事なハードディスクにはウインドウズやワード・エクセルなどパソコンの全データーが保存されているので壊れれば即アウト
そこで、ハードディスクの2重化(RAID=レイド)対策
ハードディスクを2つ付け、2つのハードディスクを1個のハードディスクに見立てて1度の保存で2個のハードディスクに分散保存(ミラーリング)すれば、万一片方のハードディスクが故障しても問題なく動作できます
トラックやダンプが片側に2個タイヤを付けてるのと同じで1個パンクしても走行できるんです
自作パソコンのマザーボードは市販品と違って安いものでも標準でRAID機能が搭載されているので使わない手は無いですね

12月の自作講座ではこの2重化対策(RAID)を中心に実習を行います

,泙困脇韻戸椴未離蓮璽疋妊スクを2つ取り付けます
 (違う容量の場合は小さい方に容量が合わされます)

ダブルハードディスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて画面でArray Mode RAID 1のミラーリング(上から2行目)を選択し、Select DISK Driversで元のハードディスク、複製にしたいハードディスクの順に選択します。
するとDuplicating(複製すると言う意味)・・・とメッセージが表示されコピーが始まります。
後は、再起動後ミラーリングになります。
Windows上からはCドライブ1個しか見えない為使い勝手は普段と同じですが、ちゃんと2個のハードディスクに同じものが複製され保存されます。
もし、片方のハードディスクが故障した時は故障した側のみ新しいものに取り替えれば、動いているほうからデーターがコピーされ、再び2重化状態に戻りますので安心です

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!

RAID

 

 

 

 



oneclickpc1 at 18:07コメント(0)トラックバック(0)パソコントラブル | 自作パソコン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ