2009年02月14日

Windows自動アップデートでパソコン破壊

創業時からずっと信頼し家族、親戚中で10年以上通って頂いているK社の社長から「パソコンにエラーが出てまったく動かない!!」とのSOS
駆けつけてみると「Explorer.exeエラーが発生しましたので終了いたします」と表示されまったく動作せず、セーフモードでも起動できません
事情を聞くと昨晩パソコンの終了時にWindowsの自動アップデートが始まったのでそのまま家に帰り翌朝来てみるとこのメッセージが出て何ともならない状態になってしまったとの事でした。
原因はウイルスソフトとウインドウズのアップデートがバッティングしパソコンのシステム破壊してしまった為です。
会社の重要なシステムが入ってるのですが、バックアップはまったく取っていなかったとのことで教室にお持ち帰り〜
日曜までに何とか復旧させなくてはなりません
同時にそれとは関係無いのですが業務のすべてを保存している外付けハードディスクがクラッシュしウンともスンとも言わなくなってしまいました〜
使い始めて5年間まったくバックアップを取ってこずタダタダぼう然・・・・
それが動かないと業務が止まってしまうらしく社長の困った顔を見ていると放っては置けず製造元のサポートへ電話しましたが返事は冷たいもの・・・
メーカの話では症状は完全な故障で仮に取り外し他のパソコンにつけてもハードディスクは暗号化されておりデータの取り外しは不可能とのこと
修理に出してもデーターは消されてしまうが、データー復旧サービスセンターへ依頼すれば何とか助かるかも?とアドバイスをもらい電話してみると料金は数十万円もかかるらしく「う〜ん困った・・・」
普通なら「ダメでした・・・」と報告する所ですが、絶対的な信頼を頂いている社長の事を思うと何とかならないものかと精神統一
ニューヨークのハドソン川に不時着し乗員全員を救った機長はたった3分で解決の道を開いたと言います
19000時間を超える飛行経験こそが窮地を乗り越えたを超えた最大の理由でしょう〜
思い起こせば自分もこの仕事に身を投じ、それ以上にパソコンに向き合ってきています。
1日15時間、週7日、あちこち痛む体にムチ打ちながら馬車馬のように駆けてきました〜
今がお世話になってきた社長への恩返しの時!とばかりに、今までパソコンで起きたトラブルの事案を数百件、数千件回想すること30分!
ハードディスクの音、振動、においで突然10年前の記憶がよみがえり「ピン!」とヒラメキました!
中学1年生からずっと愛用しているテスターを取り出し細かく電気回路をチェック!
配線を何度も測定しながら切り離し専用に用意した別回路とパソコン自作講座で使用したオリジナル接続コネクター(赤・白・緑・黒)で不良箇所を半田付け修理!
しくじればデータはみんなパーで会社の業務が止まってしまいます
時限爆弾を処理するかのごとく恐る恐る配線をつなぎ電源ON!
「キュイーン!」
元気よく復活しました
データもすべて復元し窮地を脱しましたふぅ〜

写真は富士通の新色ノートパソコン
艶やかな赤が眩しいですね〜

FMV-BIBLO

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪
パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!



oneclickpc1 at 00:28コメント(0)トラックバック(0)パソコントラブル  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ