2010年11月05日

自作パソコン講座用の部品が届きました♪

今月の部品はちょっとパワフルにCore i7(コアアイセブン)にMSI製マザーボード、メモリーはパトリオットをチョイス
MSIは自作の世界ではマニア心をくすぐる仕掛けがいっぱいのメーカーでマイクロ・スター・インターナショナルの略。
本国台湾では微星科技股份有限公司と呼ばれています。
(微がマイクロで星がスターですね!)
今回選んだマザーボードはグラフィックボードが2枚差せブリッジケーブルで接続することにより1枚として認識でき2倍のパワーを引き出せる優れものです
グラフィックボードのチップ製造メーカーは2社しかなく2枚差して1枚として扱うことをNVIDIA(エヌビディア)社ではSLI、AMD(旧ATI)社ではCrossFire(クロスファイア)と呼んでいます。
実習の測定結果でもほぼ2倍の性能が引き出せ昔高額で買ったグラフィックボードも2倍化することでまだまだ現役で使用できるのが面白いですね
高性能メモリのパトリオットは湾岸戦争時にイラク軍のスカッドミサイルを撃ち落とした事で有名になりましたが、直訳すると愛国士
今回選んだのはさらに性能を高めることのできるオーバークロックタイプでパソコンを支える部品の名前としてはずいぶん頼もしいですね〜
DSC_5604

マザーボード上に電源ボタンを搭載しケースに入れなくても起動できます
水色の丸いボタンは全自動オーバークロックのOC Genie(オーシージニー)スイッチ!
Genieとは「隠された力」という意味でこのボタンを押してからパソコンを起動するとCPUやメモリーの潜在能力を壊すことなく最大限に引き出してくれる魔法のボタンで初心者でも簡単にオーバークロックが楽しめます
DSC_5609



oneclickpc1 at 17:44コメント(0)トラックバック(0)最新パソコン | 自作パソコン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ