2015年03月07日

Raspberry pi 2 でLEDを点灯授業

子供の自作パソコンクラスで、名刺サイズのパソコン Raspberry pi 2 を使ってプログラミングし、LEDを点灯させる実習を行いました。
まずは1灯を点灯させるプログラムを覚え、どうすれば2灯を同時に制御できるかを考えてもらいました。 
子供たち自ら、LEDに電流を流しすぎないように電圧や電流を計算しながら回路設計し、0.1秒単位で光る周期を変えるプログラムを考え、実際に点灯試験して制御の仕組みを学びました。
応用問題では、LEDが点滅する周期を変えたり、ホタルのようにジワジワ明るくなるようにしたり、マウスでボタンをクリックすると点灯したり、ドラッグで明るさを調整したりとイロイロ楽しみました
次回はブザーを様々な音色で鳴らせたり、サーボモーターを制御して物を動かしてみます

写真はNikon D40X+50mmで撮影
Raspberry2

Raspberry pi 2(ラズベリーパイ)が初めての方は、こちらの記事もご覧ください。
使用している機材、購入方法などを紹介しています。 

パソコン教室ワンクリックでは、皆様の様々な疑問にお答えしながら、水冷パソコンの仕組みや整備のコツを基礎から手取り足取り指導しています。
「こんなこと知りたい!」「あんなことやりたい!」などなど、パソコンにまつわることなら何でもOK!
皆様からの好奇心あふれるリクエストをお待ちしております♪

パソコン整備の続きは、自作パソコン組立修理講座で!  


oneclickpc1 at 18:21コメント(0)トラックバック(0)Raspberry Pi | 自作パソコン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ