2017年04月04日

1泊2日で北九州からパソコン修理講座にご参加いただきました

日曜と月曜の2日間、北九州からパソコンの修理講座にご参加いただきました。
Kさんは、ご主人とリサイクル業を営む勉強熱心な奥様。
名古屋もパソコンの修理も初めてだそうで、インターネットでパソコンの修理を習える教室を探しているうちに、当校に辿り着いたそうです。
レッスンで修理したいパソコンを事前に宅急便で送っていただきましたが、業務用のワークステーションから宇宙最強のゲーミングノートパソコンAlienware(エイリアンウェア)など、どれもこれもインテルの第6世代や第7世代など最新最強のパソコンばかりですが、電源が入らないなど問題を抱えジャンクとなってしまっている9台です。
授業では食事も手短に済ませ、ほとんどノンストップで時間の限り9台のパソコンと格闘しました♪
宿泊は遠方からの生徒さんにいつもご利用いただいている30種類のお風呂と8種類のサウナが楽しめるスパリゾート併設「ユートピア宝」にお泊りいただき、教室の車で送迎させていただきました。 
2日間、本当にお疲れ様でした〜 

コチラはワークステーションで普通のパソコンとは違い2つのCPU(LGA2011V3)と16枚のメモリー(192GB)と桁違いのモンスターマシンで、フルオプションでは100万円を超える高級品です。
ONE_6266

ハードディスクやSSDを8台並列接続(RAID)できる SAS-SATA RAID コントローラが取り付けられていました。
ONE_6265

ワンタッチで脱着できるステーションには256GBのSSDが1台と、2TBのハードディスクが3台RAID接続になっていました。
ONE_6271

ビデオ編集できるようにIEEE1394端子や、CAD用のNVIDIA Quadro シリーズのグラフィックボードが搭載されていました。
ONE_6262

電源はワンタッチで脱着できる1300Wの巨大電源が搭載されています。
ONE_6268



17インチのモニターにゲーム用に設計された高性能なグラフィックス・プロセッサを搭載を搭載するAlienwareの分解です。
ズッシリと重くノートパソコンとは思えないボリュームです。
DSC_0135

マザーボードを取り外して分かりましたが、前オーナーが自力で修理しようと、いくつかの端子が基盤部分から折れていましたので、すべて修復しました。
DSC_0137
 
ハードディスクと共に搭載されていたM.2(カード型のSSD)です。
M.2はM.2でもこちらは6GbpsのSATA接続ではなく、32GGbpsのPCI Express接続でNVMeと呼ばれる最新のものです♪
DSC_0139

 

oneclickpc1 at 12:08コメント(0)トラックバック(0)パソコントラブル | 自作パソコン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ